復縁につながるデートテク!「やっぱりいい女性だな」と思わせる秘訣とは!?

お別れをしてしまっている相手と、もう一度デート!

もう関係は終わっているけれども、「やっぱりいい女性だったな」と思わせたい。そして、できたら復縁がしたい…そう思っているなら、そのデートはとっても大事なチャンスです。かつて付き合っていた相手というのは、新しい相手よりも関係を再構築しやすいものです。ほんの少しの工夫で、復縁につながることができるかも知れませんよ。

別れてからの「デート」、気を付けるポイントとは

まず、別れてからのデートで気を付けた方がいいことをお伝えします。いくら馴染みの深い相手だからと言って、あまりにも「いつも通り」に振舞ってしまうと、せっかくのデートが台無しになってしまいます。

ポイントはやはり相手に「あれ?変わった?」と思わせること。そして、「手放したのはもったいなかったかな」と感じさせることができたら、そのデートは大成功です。

元彼の求める「いい女性」ってどんなタイプ?まずはそれを把握しよう

まず、あなたが復縁したい元彼の求める「いい女性像」って、どんなタイプでしょう。

たとえば「心が強くて、自分の考えをしっかり持っているタイプ」に惹かれるのか、それとも「少しやんちゃで元気が良くて、一緒にいると明るくなれるタイプ」に魅力を感じるのか…

そして、今ふたりが別れてしまっているということは、少なからずとも、あなたがそのタイプにドンピシャではないという可能性が高いですよね!?となると、相手の求めるタイプに変われたら復縁ができるのか、関係ないのかを、デート中に見極めることが必要になってきます。

決して自分を捨てて相手の求める女性像に近づけばいい、というわけではありません。そうではなく、相手の本心を知っておくことで、復縁デートをあなたの方がコントロールしやすいようにしておきましょう、というアドバイスです。

昔とはちょっとだけ違うファッションがおすすめ

今までもたくさんのデートを重ねてきた相手には、特にがんばったファッションで行く必要はありません。復縁したくてあなたが必死でおしゃれをしても、それは見透かされてしまいます。

そうではなくて、昔とはほんの少し違うアイテムを身に付けることをおすすめします。たとえば昔一緒にいたときに、あなたがよく帽子をかぶっていたなら。帽子を、別れたてから買った新しいものにするのです。

そうすることで、「帽子をかぶったあなた」という、あくまで見慣れたスタイルから

「あれ?こんな色の帽子、持っていたっけ…?」

「離れてしまうと、こうやって俺の知らないアイテムが増えていくんだな…」

と、相手をほんの少し寂しがらせることができるのです。

これは、「自分の手の中から離れてしまった女性」を演出するのにちょうど良い方法です。試してみてください。

ふたりの「空気感」を大切にしたデートコースを

復縁デートでどこに行くか、それは大きな問題です。

もし相手から「〇〇へ行こう」と言われているなら、それを変える必要はありませんが、もしデートコースをあなたが決めることができるなら、

「今まで行ったことがない場所、でも、ふたりがほんの少しだけ昔を思い出せる場所」

を設定してみてください。

有効なのは、新しいスポットに行く途中に、昔一緒に通っていた駅やビルがある、という設定です。ふたりにとってもう関係のない場所ではあるけれど、「ああ、よく一緒にここを通っていたなあ」と相手にしみじみ思い出させることができたら、相手の心を動かすことができたということです。

復縁を迫るべき?それとも言い出さないほうがいいの?

もしあなたの心が「復縁したい」という気持ちでいっぱいなら、「それをどれくらい見せるか」は、デートの中での最大の課題かと思います。

もちろんお互いが「復縁したい」と思っていれば、願いはスムーズに叶えられそうですが、相手の本心が見えていない以上、あなただけが復縁を迫ってもあまり効果は無さそうです。

むしろ「そんなつもりじゃない」と、次のデートを断られてしまったら…

そうならないように、初めは慎重に進めてみる方が良いかも知れませんね。

復縁したい気持ちを前面に出し過ぎるのはNG?

まず、すでに「まだ好き!やり直そう!」と相手に言いまくっているあなた。そんなキャラで押し通すことも可能かも知れませんが、男性は押され過ぎるとかえって冷静になってしまう生き物です。

ここは、「押せ押せ」ではなく、少し謙虚な姿勢で、まずは相手を観察してみてはいかがでしょうか。

別れた彼女とのデートですから、相手にも多少の下心はあります。その下心は、復縁したいというものから、面倒は避けてデートだけ楽しみたいというもの、または復縁を迫られているから仕方なく来た、というものまで様々でしょう。

それを見極められずに、「デートにこぎつけたのだから復縁のチャンスがある!」と思い込んでしまうのは禁物です。ここぞというときに言い出せるように、復縁したいオーラはいったんしまっておきましょう。

男性の「こいつを取り戻したい」気持ちに火を付けよう

男性心理でよくあるのは、「昔の彼女は、別れたあとも自分のことを好きでいてくれるはず」というもの。女性が別れた相手をバッサリ忘れていくのとは、対極の心理があると言われています。

だから、今回のデートで復縁ができなくても、相手の心の中には少なからずとも、「この女性は、もう彼女ではないけれど、自分のことを好きで理解してくれる存在だ」という肯定感があるはずです。

そのあなたへの肯定感をうまくくすぐり、「やっぱりもう一回付き合いたい」と思わせることができたら、あなたの勝ち。

そのためにも、デートでは結論を突き付けたり、悩みを持ち帰らせるのではなく、「ふわっと、あなたの存在を相手の心に植え付ける」ということを意識してみてください。

じらし過ぎると、逃げられる

一番やってはいけないのは、相手が「復縁してもいいと思っている」というサインを出してきたときに、本当は嬉しいのに「どうしようかな…」などとじらしてしまうことです。

本当に恋人同士だったときは、そんなじらしも「可愛い」と受け取られたかも知れませんが、今は関係上は「他人」です。そのせっかくの申し出を、じらすように断ってしまったり、思わせぶりな言葉で逃げてしまうと、

相手は

「なんだ、そんな面倒なことになるなら、やっぱり次にいこう」と思ってしまうのです。

もし相手が復縁のサインを出して来たら、素直に受け入れる勇気を持っておきましょう。そして、そのときは「私も復縁したいと思っていた」と告げることで、スムーズな次の関係性を築くことが可能になります。

ふたりの未来は?復縁後を見据えて振舞おう

あなたが相手と復縁したいと思う理由は、何ですか?

まさかプライドのため、復讐のためではありませんよね?

一回別れた相手との復縁は、難しいことではありますが、叶ったあとの幸せは昔より倍増します。そのためにも、目先のことだけに必死にならず、復縁ができたあとのふたりの未来についてもイメージしてみてください。

そのイメージを相手と共有することができたら、一緒に未来に進める可能性はグッと高まります。

ふたりの未来について、ほのかに匂わせてみて!

デート中の会話では、昔の思い出話など、共通の話題が多くなると思います。

その中に、ほんの少しでいいので、未来についての話題を差し込んでみてください。

そのときは、「結婚して」など、直接的に迫るのはNGです。そうではなくて、

「あなたは、私の未来のことをちゃんと思いやってくれていたのに、気付かなくてゴメンね」

「すっと一緒にいると思っていたから、こんなに離れる日が来るなんて今も現実感がないの…」

など、昔ふたりがうっすら思い描いていた未来について、相手にイメージさせる流れがおすすめです。

そんな話をしているうちに、相手も「そういえば、ずっと一緒にいようと思っていた時期もあったな…」と、あなたとの一番いい関係のときのことを思い出してくれます。

男女を超えて、友情も結べたらベスト

別れてもデートのチャンスがあるということは、ふたりの関係性は完全に切れたわけではないということ。

そんなふたりなら、これを機会に友情という縁も結んでしまいましょう。

そもそも男女の縁とは、深いけれど限定的なものです。しかし友情は、もっと広く、お互いを尊敬しあってつながる、フリーダムな関係性です。

あなたと相手が「男女の縁」に加えて「友情」も結べたとしたら、それはまさに最強の関係です。

今すぐ復縁が叶わなくても、友情でつながっている以上、人生においての本当の縁が切れることはありません。

長い目で見て、いつか復縁を…と思っているのならば、焦らずに友情を大切にしましょう。相手にとっても、「いい女性だな、恋人としては無理でも、自分の人生の中に置いておきたいな」と思わせることができたら、未来のチャンスを手に入れたも同然です。

別れ際は、あなたから。それが次につながる導線になる

復縁したい相手とのデートは、期待や不安でドキドキ。そして、思う以上に盛り上がった場合、別れるのがつらくなってしまいがちです。

しかし、そこで覚悟を決めて欲しいのは、あなたから「そろそろ帰りましょう」と言い出すこと。その一言で、相手はあなたが自分の彼女ではないことを再確認し、復縁したい気持ちになる可能性があります。

また、あなたが言い出すことで、相手の出方や本心を探ることもできます。デートの最後にはいろいろな情報が詰まっています。その情報をしっかり把握して次につなげるためにも、また、相手から「またデートしよう」と切り出させるためにも、区切りを言い出すのはあなたであってください。

もしかしたら、次のチャンスがすぐにやって来るかも知れませんよ。

まとめ

復縁を願う相手とのデートでは、とにかく「やっぱりいい女性だな」「もう一度、こんな空気感で一緒にいたいな」と思わせることがカギになります。

必死におしゃれをすることよりも、復縁を言葉で迫ることよりも、あなたの「存在」を意識させるような行動を取ってみてください。

デートができるということは、完全に縁が切れていないということ。秘訣を知って、幸せな復縁を手に入れてみてくださいね。