カテゴリー
状況別復縁成就のメソッド

別れた恋人同士がよりを戻すきっかけとなった10の言葉

《今だけ!》無料で復縁相談を受付中
  注意:依頼の状況により受付をストップする場合がございます。

  • 元彼から連絡がほしい!
  • 元彼とのやり取りを復活させたい!
  • 元彼に「会いたい」と言われたい!
  • 元彼とのデートを実現したい!
  • 元彼との復縁が叶えたい!
そんなあなたの願いを応援する無料の占いサービスです。
今だけ!簡単には解決できないような悩みを解決へと導いてきた「復縁占いの専門家」に無料で相談できます。
※LINEの友だち追加ページに移行します

「言霊」といわれるように言葉には、人の心を動かす大きな力があります。

一度は「さようなら」という言葉によって、心も体も離れ離れになってしまった別れた恋人同士。しかし彼らが言葉の力で再びひかれあい、よりを戻すことがあります。

どんな言葉が一度は別れた恋人同士の心を動かしたのでしょうか。よりを戻すきっかけとなる言葉の数は、この世に存在する恋人の数だけありますが、その中から選んだ10の言葉をご紹介します。

1.誰よりも自分のことをわかってくれるのは、あなただった

別れてそれぞれの道を歩んでいた恋人同士の2人だったけれど、1人になってみてお互いが気づいたこと、それは「自分のことをわかってくれるのはあなただった」ということです。

自分のいいところも悪いところもわかってくれて、受け入れてくれるのは、まずは自分自身。そしてもう1人わかってくれる大切な人がいるのは、本当に幸せなことです。

遅かれ早かれ、2人は再会してよりを戻すでしょう。そのきっかけとなる、よりをもどす言葉は「誰よりも自分のことをわかってくれるのは、あなただと気づいた」です。

いいところを見つけあってお互いに尊敬することができ、他の人なら受け入れがたい悪いところも、冷静に指摘しつつ補い合える、そんな恋人同士に戻ることができるはずです。

2 楽しいことだけじゃなくて、辛いことも共有しよう

2人でいれば楽しいけれど、辛いことだってあります。特に付き合いだした最初のころは楽しいことばかりですが、日が経つにつれて意見が合わなくてけんかをしたり、どちらかが体調を崩したり、家族のことで悩んだりとさまざまなことが起きてきます。

そういった乗り越えるべきことが生じたときに、口論になったり雰囲気が悪くなったりして、そのまま険悪になって別れてしまうことはよくあることです。

しかし離れてみたときに、辛いことこそ一緒に共有して2人で乗り越えるべきだったと気づくこともあります。

「いいことや楽しいことばかりではなく、辛いことこそ共有しよう」という言葉は2人のよりを戻すきっかけとなり、さらに絆を深めていくことになります。

3 おいしいものを食べたとき、食べさせたいなと思った

恋人同士だった2人が別れると、今まで一緒によく食べていた食事も別々のところで食べることが多くなります。

友達とだったり、同僚とだったり、あるいは1人だったり、シチュエーションはさまざまですが、ものすごくおいしいものを食べたときは誰かとおいしいということ共有したくなりますよね。それが、目の前にいる友達や同僚ではなく、まず「彼に食べさせたい」「これ、彼女なら絶対喜ぶ、食べさせたい!」と思ってしまったとき、自分がまだ相手のことを思いやっていることに気づきます。

思わず写真を撮って、LINEやメールで送ってしまうかもしれません。「おいしかったから食べさせたいなと思っちゃった」という何気ないことばがよりを戻すきっかけとなることもあるのです。

4 どうしているかな、ふと気づくといつもあなたのこと考えていた

お互い納得して別れたはずの2人。それなのに電車の中、仕事の会議中、パソコンに向かってるときなど、ふと気づくとどうしているかなと相手のことを考えていたということがあります。

2人で出かけた場所を通りかかって思い出がよみがえり切なくなったり、あの時に戻りたいと思ったりしてしまうことも。

そこで、これは今も実は好きなのではないかとお互いに気づくのです。別れても忘れることのできない存在である、必要としているということに、離れてみて初めて気づくこともあります。

素直に「気がつくといつもあなたのこと考えていたんだよね」という言葉がよりを戻すきっかけになります。そして「そう、自分もそうだった」という答えが返ってくるはずです。

5 自分が死ぬとき、そばにいてほしいのはあなただと気づいた

人は誰でもいつかは死んでしまうもの。その時は1人ですが、そばにいてくれる人がいれば心強くて安心です。そして、誰もが自分の大切な人にそばにいてほしいと思うのではないでしょうか。

何かのきっかけで死というものを考え、さらに自分が死ぬときは誰にそばにいてほしいかを思ったとき、浮かんだのがほかの誰でもなく別れた恋人だったら、よりを戻したくなるのではないでしょうか。

どうして別れたはずの恋人が浮かんだのか、それはその人が大切な人だからです。

自分が死ぬときにそばにいてほしいのはあなただ、という言葉は重みがあって人によっては負担になるかもしれません。しかしそれを自然に受け入れられるなら、よりを戻すきっかけとなる言葉になるのですね。

6 大切なことを言い忘れてた、今も好きだということを

別れた恋人同士が、気軽に友達のように飲みに行ったり、遊びに行ったりできる日が来ることもあります。

お互いどういうつもりかはわからないけれど、一緒に遊んでいて心地よいし楽しいからまあいいか、と過ごしているある日、別れ際に彼から「あ、大切なこと言い忘れていた!今も好きなんだ」と言われたら「そうだ、私も」とつい答えてしまいます。

ストレートで単刀直入な「今も好きだ」という言葉が、心の中にすとんと入って、よりを戻すきっかけになった例です。

もともとは恋人同士だった2人が別れて、よりを戻すのは簡単ではないことも多いのですが、いろいろと説明するよりも「好きだ」というようなストレートな言葉ですんなりうまくいくことがあります。

7 うれしいことがあったとき、伝えたいって真っ先に顔が浮かんだ

「難しい資格試験に合格した」「仕事で企画が通った」などうれしいことがあったとき、真っ先に伝えたいと思ったのがほかでもない別れた恋人の顔だった、ということがあります。

それほど他人にとっては重要ではない「カラオケで高得点を出した」とか「懸賞で当たりがでた」など本当に些細なことでも、思わず知らせたくなる相手がいたら、それは本当に好きな人です。

うれしいことがあったときに真っ先に顔が浮かぶ人が、別れた恋人だったらまずはそのうれしいことを相手に知らせましょう。きっとどんなことでも自分のように喜んでくれるはずです。

そして、「伝えたくて真っ先にあなたの顔が浮かんだ」という言葉が2人のよりを戻すきっかけとなるでしょう。

8 風邪で寝込んだとき、そばにいてほしいって思ってしまった

体調不良のときは、不安や孤独を感じやすいものです。寝込んでしまったとき1人だと、なおさら不安になるもの。

そんなとき、誰かがそばにいてくれるだけで安心して眠れますよね。そばにいてほしいと思った時、頭に浮かんだのが別れた恋人だったとしたら、たまたま体調不良だからと思ってしまうかもしれません。

確かにそうですが、人は弱っているときについ本音がでてしまうものです。その時に感じた、別れた恋人への思いは、自分の本音なのだと自覚しましょう。

そして、「この前風邪で寝込んだのだけど、こんなときこそそばにいてほしいと思った」と素直に伝えることがよりを戻すきっかけとなりました。

次に風邪で寝込んだときは、もう1人で不安を抱えていることはなく、安心して寝込んでいられるのです。

9 あなたみたいな人には、もう出会えないと今さら気づいた

別れてから相手の良さに気付くことは、よくあることです。お互い新しい出会いがあったとしても、他の人と付き合うことでよけいに別れた恋人の良さをしみじみ感じてしまう、ということも。

そして、この先あんな人とはもう出会えないということに気付きます。今さら気づくなんて、と嘆くと同時に、これは相手に伝えないと伝わらないということにも気づきます。

「もう遅いかもしれないけれど、あなたみたいな人には、もう出会えないって今さら気づいた」という言葉は実感がこもっていて、別れた恋人の心に響きます。そして言われたほうも、実は同じことを思っていたということを伝えることでよりを戻したのです。

「遅すぎる」とか「今さら」などと思う前に、気づいた時点で伝えることで別れた2人の心がまたつながるのですね。

10 もう1回最初からやり直そう、今度はもう別れない

別れたことを後悔してしまったら、どうしたらいいでしょう。それにはやはり相手に気持ちを伝えることが大切です。

けんか別れだったり、他に好きな人ができてしまったりと理由はいろいろですが、まだやり直すチャンスはあります。

別れようと言われたほうは、ショックからなかなか立ち直れず、別れようと言ったほうは、言ってしまったことに後悔していることも。

そんな2人がよりを戻すには、やはり気持ちをしっかり確かめ合うことです。黙っていても伝わるだろうと思わずに、はっきりと強い言葉で伝えることです。

今まであったことを踏まえて、「もう1回最初からやり直そう」と伝え「そして今度はもう別れない」という気持ちを伝えた言葉が、よりを戻すきっかけとなりました。

まとめ

よりを戻すきっかけとなった10の言葉は他人から見ると、日常にもありそうな言葉で、それほどすごいことを言っていないものもあります。こんなことでよりを戻す?というのもあるかもしれません。

しかし一度別れた恋人同士でないとわからない言葉の力が、2人のよりを戻すきっかけとなったのです。

言葉の力は思っているよりも強く、人の心を強く揺さぶることがあります。別れた恋人に伝えたいことがある、よりを戻したいというときは、ためらわずに正直に思いを伝えましょう。

よりを戻す言葉は、恋人の数だけ、人の数だけあります。自分の思いを誠実にしっかり伝えることで、相手の心に届きます。そして自分たちだけのよりを戻す言葉ができるのです。

 

正しい復縁方法をご存知ですか?

復縁を実現するためにはこんなことが必要だと言われています。

★冷却期間を置く
★メールを取りすぎない
★恋愛感情を匂わせない
★別れた原因の改善
★友人関係を目指す

確かにこれらも重要ですが、当然ながら人には「個性」があります。

お相手の気持ちを無視し、ただ一般論を当てはめても思うように復縁はできません。

愛しいあの人ときちんと向き合うことで、正しい復縁方法が初めて見えてくるんですね。

そこでオススメなのが「専門家による復縁占い」です。 今なら無料でお相手の性格や気持ちはもちろん、あなたの性格まで考慮して、幸せへと進む方法を導き出してくれますよ。


※LINEの友だち追加ページに移行します

Related posts:

別れの原因、その本音は隠されるもの?本音を言わない相手の本心はコレ
復縁したいなら自分磨きを!元彼の心が引き寄せられる3つの取り組み
元彼と偶然出会った!今、彼はどんな気持ち?復縁はありえる?
冷却期間はSNSを有効活用して自分の魂を磨いていこう!
復縁のきっかけを引き寄せる!振られたらすぐに行うべき取り組み
復縁できる方法を探し尽くしたあなたへ。絶対試したい一つの復縁術
元彼と復縁した夢を見た!これって吉兆?夢が教えてくれる恋の可能性
遠距離恋愛の恋人と復縁を成就させる強力なおまじないをご紹介!
後悔する前に!振った側から復縁につなげる方法とは!?
冷却時間の過ごし方で二人の縁は引き寄せられる!振られた後の過ごし方
元彼に会いたい…そんな気持ちを抑えながら縁をつなぐ3つのおまじない
喧嘩別れしても復縁できる!きっかけを生み出すスピリチュアルメソッド
倦怠期に別れたカップルが復縁する可能性は?相手の心理状況は?
潜在意識が復縁を成功させる!これがスピリチュアルメソッドの決定版!
元彼からの連絡、その裏に潜む本心とは?内容から見える5つの理由
引き寄せの法則が二人の縁を取り戻す!復縁できる方法ご紹介します
もう一度会える?喧嘩別れした恋人と音信不通になった後で取るべき行動
元彼に会いたいと願うあなたへ!気持ちが強くなる3つの取り組み
復縁に成功したカップルは別れから半年以内が多い!その心理状況とは?
復縁につながるデートテク!「やっぱりいい女性だな」と思わせる秘訣とは!?