振られた原因は別にある?言葉には出さない彼の本音と復縁の方法

振られてしまったときは、「どうして?」という思いで心の中がいっぱいになってしまいますよね。そして、元彼から告げられる別れの原因に、反発したり後悔したりしながらも、その理由を受け入れていくためのつらい時期を過ごすと思います。

しかし、元彼の「別れの理由」が、真実ではなかったとしたら?あなたのやるべきことは?今回は、そんなシチュエーションに悩む人のために、復縁できる方法をご紹介していきましょう。

振られた原因、あなたは本当に理解できている!?

「もう別れよう」という元彼の言葉、その裏には、いろいろな思いが込められています。元彼も、一度は愛した人と離れる決心をした以上、あなたには分からないつらい日々を過ごしたかも知れません。

まずは、言葉をそのまま受け取ってしまわずに、客観的に探ってみることをおすすめします。これは失恋の傷をいやすためにも大切なプロセスです。

振る方もつらいその裏側にはいろいろな気持ちが隠されている

まず、元彼がよほどの悪人かサイコパスでもない限り、あなたに別れを告げることを「嬉しい」とは思っていなかったと、認識しましょう。

こじれたらイヤだな泣かれたりヒステリックになったらどうしよう何より、傷つけるのはつらいななどと思いながらも、やっぱり一緒にいるべきではないと判断しての別れ話です。

だから、もし今後、振られた理由がウソだったと分かっても、大げさに悲しむ必要はありません。そこにあったウソを事実として受け止めるだけですし、「そんなウソをつく人とは思わなかった」と気持ちが冷めたとしても、それはあなたの自由です。

人の気持ちを他人がコントロールすることはできません。まずはそのことをしっかり理解しましょう。

自分に都合のいい言葉だけを信じてしまっては、本音にはたどり着けない

元彼に振られたとき、「はじめは好きだった、だんだん価値観が合わなくなってきた」と言われたとしましょう。この理由の中で一番重要視すべきは、価値観というワードです。しかし、自分を正当化したい脳は「好きだった」という部分を過剰にピックアップしてしまいます。

すると、別れた理由が、「本当は愛されていたのに、どうしてか振られてしまったかわいそうな私」となってしまうのです。

でも、元彼はきちんと「価値観が合わないから別れたい」と理由を伝えていますよね?

それを無視してしまうと、そこが直らないのに復縁を迫り、ますます嫌われてしまうという悪循環におちいってしまいます。

あなたにとって都合の良い言葉と、真実は違います。つらいかも知れませんが、元彼の本心が知りたいなら、自分にとって悲しいことであっても、目をそむけずに改善していかなくてはなりません。それができないと、復縁しても同じことが起きてしまうからです。

本音が分からないなら、「分からない」でOK!ネガティブになりすぎないで

どんなに思い返しても、元彼の本音にたどり着けないそう悩んでいる場合は、「それで当然」と、あまり悲観的にならないようにしてください。

だいたい、他人の本音なんて、あなたがどんなに推測しても分からないものです。それは、あなたの本音が誰にも分からないのと同じです。そして、本音を知ることだけが復縁の条件ではありません。

好きな人のすべてを知りたい、ましてや、自分を振ったときの本当の気持ちが知りたいそう思うのは当然ですが、そこにとらわれてしまうと、復縁から遠ざかってしまいます。

相手は相手。自分は自分。そう割り切って、本音を探ることではなく、これからまた良い関係性を作り上げることにエネルギーを使いましょう。

彼の本音を探る!復縁に向けたメッセージを見つけよう

元彼の別れの理由は、意外なヒントから読み解くことができます。特に、元彼の性格や話し方を知っているあなたから見ることで、正解に近い答えを見つけることができるかも知れません。

言われた言葉に一喜一憂する前に、元彼の心と言葉が一致していたかどうかを客観的に考えてみましょう。あっさりと復縁のキッカケが見つかる可能性もありますよ。

今までに言われたことを振り返ってみるいいチャンスかも?

もしあなたが、付き合っているときに元彼から何回も「時間にルーズなところを直して」と言われていたのに、振られた理由が「急に転勤することになったから」というものだったら

その「転勤」は、別れるための口実かも知れませんよね。

つまり、ずっと言われてきたことを無視したり、あなたが直す姿勢を見せなかった場合、元彼の愛情がどんどん減っていき、それとは違うもっともらしい理由を告げられている可能性がある、ということ。

今まで言われたことの無い、急な理由に「えっ!」と驚いた人は、付き合いの中での元彼の言葉をじっくり振り返ってみて。

あなたも、「浮気をやめて」と何回言っても聞かない人に愛想を尽かした場合、面倒になって「忙しいからもう付き合えない」などと言って振ることは無いですか?

そこには、「お互い歩み寄れるかと思ったのに、もう面倒だから分かりやすい理由で別れよう」という気持ちが存在します。元彼の本音を探るなら、自分がそれに当てはまるかどうか、振り返ってみてください。

言われた言葉の「裏にある本音」を考えてみよう

元彼の話し方のクセを思い出してください。照れ屋で、最初は絶対に本音を出さないタイプだったり、早口で話すときは何かウソをついていることが多かったりそのような細かいクセは、身近で一緒に過ごした人にしか分かりません。

だから付き合ってきた時代から言われた言葉を思い出し、並べてみることをおすすめします。

たとえば、本当はそうは思っていなくても、礼儀として「デート日には必ず服をほめてくれた」という元彼は、「女性と付き合うならこうするといい」というマニュアルに沿ってあなたを喜ばせてくれたでしょうし、本当は好みの服なのに「恥ずかしくて正面から褒めれるか!」とそっぽを向いてしまう元彼は、思いと言葉が真逆であるギャップに悩んでいたかも知れません。

そのような「心と言葉」のクセを思い出し、振られた理由を推測してみてください。意外なヒントが浮かび上がってくる可能性もありますよ。

振られた原因、それは直せるもの?そうではないもの?

振られた原因が、あなたにとって直しようがないものや、どうしようもない場合。もうその元彼とは縁が無いかも知れません。

たとえばあなたの両親のことを理由にしてきたり、あなたの病気や外見など、どうしようもないことや個性を「自分の気に入らないから」と言って振ってきたなら、その元彼はあなたを幸せにする相手ではなさそうです。

万が一、あなたにとってどうしようもない理由で別れを告げるとき、あなたを想う男性なら、たとえその理由が真実であっても、優しいウソをつきます。それはあなたが「自分の努力でどうしようもないことで、振られてしまった」と一生苦しむのを避けるためです。

元彼にデリカシーがなく、別れるとは言えあなたの未来を少しでも良いものにしておきたいと思ってくれないタイプなら、復縁は諦めた方が良いかも知れません。

振られていても大丈夫。復縁できるポイント

ここまで読んでみて、それでもやっぱり復縁がしたい!本音を知りたい!と思うなら、なるべく成功率が高い方法でアプローチしてみてください。

元彼も、別れたあとに後悔しているかも知れませんし、そもそも本音ではないセリフを言ってしまい、悩んでいる可能性もあります。どんな真実が出てきてもそれを受け入れ、新しい関係をつくる覚悟ができたなら、復縁できるポイントを知って、あなたからアクションを起こしてみましょう。

本音が知りたければ、あなたが先に本音を見せることが必要

まず、元彼の本音を知りたくてジタバタする前に、あなた自身が本音を元彼に開示していたか、胸に手を当てて考えてみてください。

人は、自分に対して素直になってくれた人に、ウソはつけません。しかし元彼があなたに対し、「素直になってもらえていない」と感じていたのなら、元彼も自分の一番大事な部分をあなたにさらけ出すことはないでしょう。

「いっつも適当なことを言われる!」と思っている人は、自分と恋人は鏡のような存在であることを改めて考えてみましょう。

本当に復縁がしたければ、過去のことは置いておき、あなたが元彼に今の気持ちや本音を伝えるところから始めることをおすすめします。

「振られた原因」にこだわらず、対等な関係を作り上げる

振られてしまうと卑屈になってしまい、自分より相手の方が上に思えてしまいます。しかしそれでは、復縁どころか人間同士の付き合いもできなくなってしまうため、その考えを捨てることが必要です。

振った・振られたは、対等に付き合っていた人間同士が関係を終わらせるために、どちらかが言い出さなくてはならなかったという単なる役割分担。だから、振られたことで不必要に下出に出なくてもいいのです。

その代わり、次に付き合うときには前より良い関係をつくれる自分であることを、しっかりアピールします。元彼も、成長していないあなたと復縁しても、結局同じことが起きてしまうことを知っています。

だからあなたは、対等な人間として、「こう成長していく!だからあなたと、こんな関係をつくりたい!」と、未来のビジョンを提示して、受け入れてもらえるようなアクションを取らなくてはいけないのです。

振られた原因に縛られない、新しいあなたを見てもらう

振られた原因さえ分かれば、復縁できるはずそう思い込んでしまっていませんか?しかしそれは少し危険です。大人同士が長く付き合うには、本音よりも、リアルの世界でうまくやっていく覚悟とスキルが必要になります。

そして、一度別れてつらい思いをしたあなたは、本音で自分を縛ることはありません。それよりも、今を生きる姿を元彼に見せて、これから一緒に歩む人として見てもらうべきです。

理想は、復縁して何年も経ったあとに、「あれ?一回別れたけれどその理由ってなんだったっけ?めちゃくちゃどうでもいい理由だった気がする!」と、ふたりで笑い合えることなのです。

まとめ

振られた原因は、あなたの成長のためにも、知っておいて損はありません。しかしそれにこだわってしまうと、かえって復縁から遠ざかってしまいます。

元彼を愛していればこそ知りたくなる本音ですが、本音だらけでは付き合っていても面白くありませんよ。それより、そんな理由を吹き飛ばせるような、包容力と愛情にあふれたあなたでいることが、復縁チャンスを引き寄せるきっかけになるでしょう!