喧嘩別れ後に音信不通になる心理とは?仲直りできるメールはこれ!

喧嘩をして、その勢いで別れてしまったという経験、意外とたくさんのカップルにあるようです。しかし、その喧嘩が売り言葉に買い言葉だった場合は、決してその別れは本心ではありませんよね。

そこで今回は、喧嘩のあとに音信不通になってしまう男女の心理を読み解いて、その後の仲直りのために何ができるかを考えてみたいと思います。

喧嘩別れがふたりにもたらす心理とは

喧嘩別れは、お互いの心に傷を残します。ただでさえ恋人との別れは大きなダメージを受けますが、さらにつらい気持ちを持ち続けなくてはならないため、未来のことになど目を向けられなくなってしまいます。

しかし、仲直りをするためには、その喧嘩別れを現実としてとらえ、心理状況を知ることが必要になってきます。

喧嘩別れは、普通の別れよりも業が深い!?

まず、喧嘩別れをするカップルは、他の別れ方をしたカップルよりも「業」が深いと知ってください。ここでいう業とは、仏教用語にあるところの、「身体と、口と、心」で行った行為のことです。

喧嘩は自然発生しません。必ず、どちらかの行動によって起きてしまった事象です。そして「思わず出てしまった相手を傷付ける言葉」や、「本心ではないのに取ってしまった、悲しい行動」が、ふたりの関係を悪化させます。

これを無かったことにすることは不可能!だから、仲直りを願うときには、自分たちの関係性は予想以上に壊れてしまっており、デリケートに扱わなければならないということを知っておかないと、うまくいかないのです。

反発しあった気持ちは、素直になれないってほんと?

また、一度反発しあった気持ちは、簡単に向き合えません。今まで仲が良かったのに、何かの事件によって反発をしてしまうとき、そこには大きなエネルギーが必要です。だって本当は反発なんてしたくないのですから…

だから、反発を無かったことにするには、それ以上の大きなエネルギーがかかります。そして、お互いが反発してしまっている場合は、片方が「向き合いたい」と思ってもうまくはいきません。

人の心理は、意外と単純なわりに、ときにとってもガンコです。そのガンコさは喧嘩別れをしてしまったカップルにとっては厄介なものですが、避けては通れない要因だということも知っておいてください。

自分は悪くない!と自己肯定をしてしまいがちな人は注意

喧嘩別れをして、音信不通になってしまったとき、たいていの人の心の中には「私は悪くない!」という、自分を正当化する動きがあったと思います。

これは人の心理としては当たり前の動きですが、そのままにしておくと仲直りどころか、お互いが自分を正当化して再びいがみ合ってしまうキッカケにもなるため、要注意。

あなたが求めているのは、「喧嘩の犯人さがし」ではなく、「仲直り」ですよね?それを忘れてしまっては、未来の幸せを手に入れることはできません。

喧嘩をしたということは、あなたも相手も悪かったのです。過去の自己肯定で必死にならずに、これからのことを考えるようにしてみてください。

音信不通になってしまう心理状況とは

今まで恋人同士だったのに音信不通になってしまうというのは、喧嘩に加えて、もうひとつの原因がありそうです。もし仲直りをしたいと思っているなら、どちらかがアクションを起こさないと始めらないからです。

そこには、これまた厄介な心理状況があります。別れのショックでぐるぐる回っている自分の心を見つめて、音信不通の状態を改善できるヒントを見つけてみてください。

謝れない気まずさが、ふたりをどんどん遠ざける

まず一番大きな理由は、「謝れない」ということです。

たとえば「相手のものを壊してしまった」という場合は、謝りやすいですし、その後の対応も考えやすいでしょう。しかしそうではなく、謝る対象が心や行為だった場合…人はなかなか素直になれないものなのです。

しかし、「連絡を取ってしまったら、謝らなくてはならない」と自分で分かっている場合…それ向き合えない心が、連絡事態を拒んでしまうのです。

このパターンでは、時間が経つほどに連絡を取りにくくなってしまいます。もしあなたが「勇気を出して謝ろう」と思いながらも、昔の恋人からの連絡を放置しているなら…早めの仲直りをおすすめします。

何を言われても、受け入れることができない心の固さ

あなたがメッセージを送っても、何の返信も無い場合…相手の心は、ちょっとやそっとでは開かないくらいに固くなっている可能性もあります。

それはまるで、ひざを抱えて部屋にこもる子どものよう。声は耳に入っていても、心を閉ざして顔を上げることはありません。

その場合は、連絡うんぬんの前に、そうなってしまった心を溶かさなくてはなりません。しかしここで難しいのは、相手の心を閉ざした原因でもあるあなたには、相手の心を溶かせないかも知れない…ということ。

あなたが何かメッセージを送るほど、心が固くなっているようでは、仲直りなどできませんよね。そのときは時間薬に頼る、第三者の力を借りるなどの別の方法を考える必要も出てくるでしょう。

本当は連絡がしたいのに…受け身で待ち続けるつらさ

もし音信不通の相手が、何かの理由で、したくても自分からあなたに連絡ができない…という場合は、その状態から抜け出すのは少し大変でしょう。

もしかしたら相手は、あなたからの連絡を待つだけの日々を送っているということは無いでしょうか。それは、具体的な何かの事情かも知れませんし、「これが解決しないと連絡できない」という、あなたには分からない期間にいるかも知れないからです。

それぞれ違う人格とバックグラウンドを持つ男女が、ずっと一緒にいられるということはなかなかありません。今回はたまたま喧嘩が原因で音信不通になってしまっていますが、その状態を嘆くだけではなく、何か大きな事情があるのかも…ということも、考慮してみましょう。

仲直りできるメールの送り方

音信不通と言っても、あなたから連絡を送ることが可能ならば。読まれているかどうか分かりませんが、気持ちを届けるメールを送ることは可能ですよね。

それができたら、少なくとも、「あなたが何もアクションを起こさなかった」という状態からは脱せます。未来、復縁できた・できないのどちらにしても、「あの時期に、何かできることをしておけば…」という後悔を覚えることの無いようにしておきましょう。

喧嘩を無かったことに!お互いの気持ちをほどくメッセージ

喧嘩の理由が、とっても些細なことだった場合は、その喧嘩をぶり返さないようなメールも有効です。

「何してる?」「前に行こうって言ってた場所、いい感じらしいよ!」など、昔と同じようにラフなメールを送るのです。

相手は「なんだ!?喧嘩のことに触れないのか?」と一瞬思うかも知れませんが、昔と同じ空気感のやりとりが始まると、関係性がふわっと戻る可能性があります。

ただしこれは、あくまでも喧嘩の理由が小さなことだった場合。もしあなたに謝らなくてはいけない原因がある場合は、さらに怒らせてしまうので注意しましょう。

自分の間違いをちゃんと謝る!心を近づける謝罪メール

あなたにも喧嘩の原因があり、自分で「いつかは謝らないと」と思っているならば、相手が読む読まないにかかわらず、今の気持ちを素直に謝罪する文章を送ることをおすすめします。

そこには「喧嘩をしたことを後悔している」「私のここが悪かった、と認識している」「仲直りがしたい」ということを、シンプルに書きましょう。

読んですぐ返事が来るかどうかは分かりませんが、あなたの気持ちを伝えることが最優先です。それができたことで、あなた自身の気持ちも落ち着き、未来に向けた次のアクションが取りやすくなることでしょう。

こわばった心を溶かす、気持ちのこもったメール術

相手の心がこわばっているな、と感じたなら、あなたが先に「やわらかい態度」を示すことが重要です。

氷を溶かすために、氷でぶつかっていっては意味がありませんよね!

あなたが太陽や、暖かい光となって、相手の心の氷を溶かしてあげないといけません。

そして、氷が溶けるまでには多少の時間がかかります。それを理解して、ふんわりやさしい言葉を使い、「またあなたと一緒にいたい」という気持ちを届けておきましょう。

喧嘩をしたことは、消せません。だからこそ、その怒りや悲しみを包み込んでしまうほどのやわらかさが必要なのです。あなた自身が心をゆるめて、リラックスした気持ちでメールを書くことが、仲直りをする秘訣になるのです。

まとめ

喧嘩別れは、ふたりの心に大きなしこりを残します!

しかし、音信不通だからと言って放っておくことは、仲直りから遠ざかってしまう行動です。少し勇気が必要ですが、思い切ってメールを送ることで、相手の行動も引き出すことができますよ。

早く仲直りをして、昔のような関係に戻れるように、少し工夫をしたメールを送ってみてください。もしかしたらスルスルと復縁が叶っていくかも知れません。

もう一度会える?喧嘩別れした恋人と音信不通になった後で取るべき行動

喧嘩別れをしてしまった恋人とは、なかなか会いにくいもの。でも、あなたが「復縁したい」と思っているのに、連絡が取れない状況なら…それはますますつらい日々を送っていることでしょう!

しかし、音信不通の状況であっても、できることはあります。悲観してあきらめずに、今のあなたで取り組めることをやってみてください。人生にはいろいろなチャンスが待っています。復縁を呼び寄せるのは、あなたの心持ちなのです。

音信不通になった理由を思い出して!

まずは、そんなに好きだった人と音信不通になった理由を思い出してみてください。もしかしたら喧嘩によってお互いの心が凍り付き、なかなか連絡を取りにくい状況になっているかも知れませんし、逆に、ちょっとした誤解が溶けたら連絡ができるようになるかも知れません。

悲しみに暮れる前に、ぜひ自分と恋人の「喧嘩」と、音信不通の理由について考えてみましょう。

あなたがキッカケだったら、少し冷静に行動をした方がいいかも

喧嘩の理由にはいろいろあると思いますが、もしぶつかった理由があなたにあるなら、やみくもに「復縁したい」

と願ってもチャンスは少ないかも知れません。

もし恋人があなたのワガママや、理不尽な言葉に「怒り」「やるせなさ」を感じ、その結果あなたとの連絡を自分からシャットアウトしているなら、なかなか連絡は取れないからです。

その場合は、連絡以前に、別れた恋人の「心」をときほぐさなくてはいけません。

しかし一度凍らせてしまった心を溶かすのは、難しいことです。

会いたいと思う気持ちはあるでしょうが、会ったからといって復縁はできないかも…。それより、連絡がついて会えたときに「どのように接するか」を考え、シミュレーションしてみることをおすすめします。

相手の感情がおさまるまでは、アプローチしないほうがいい?

別れた恋人が音信不通になっている理由が、あなたへの「怒り」ではないにしても、喧嘩別れをしたということは、それなりの「感情ダメージ」を負っている可能性があります。

あなたは「復縁」を願い、また会いたいという思いにかられているかも知れませんが、相手の心が同じテンションとは限りません。

たとえば、深層心理ではあなたとの復縁を願っていても、心の表面には「会うのが怖い」「どう接していいか、自分で決められていない」をいう思いがあるパターンもあります。

その感情の波がおさまらないうちは、せっかく会っても、またお互いが傷つけあってしまいますよね。

一回の喧嘩別れならともかく、お互いの心のベースが固まらないうちに次のすれ違いが起きてしまうと、もう取り返しがきかなくなってしまいます。それを避けるためにも、恋人の感情の波がある程度おさまるまで待つという覚悟も必要になります。

別れる前は、どんな風に仲直りをしていた?

別れた恋人とまたやり直したい、そのためにまた会いたいと思うなら、ふたりが付き合っているときにどのように感情をぶつけあっていたかを思い出してください。

きっと、付き合っていた期間にも、何度か喧嘩はしてきたことでしょう。

そのときのベストな仲直り方はどのような感じでしたか?

どちらかが必ず折れていましたか?それとも、冷却期間を置いて歩み寄るスタイルでしたか?

その過去を紐解いていかないと、音信普通にまでこんがらかってしまったふたりの関係を立て直すことはできません。

また、そのときの反省材料はないですか?たとえば、「本当は歩み寄るのがいいと分かっていたけど、あなたの怒りを相手が我慢して受け入れてくれた」とか、仲直り方法自体に「別れた原因」はありませんか?

それをじっくり考えてみることで、これからどうやって別れた恋人と向き合っていけばいいかが、あなた自身に見えてくるかと思います。

相手の状況を知ることが、復縁への第一歩

音信不通になってしまったら、もう身動きが取れない…と悩んでいるかも知れませんが、あなた自身の気持ちが決まっているのならば、取るべき行動は決まっていきます。

そのためには、あなたから見えなくなってしまっている相手の「状況」を正しく知ることが必要です。ここで「推測」や「希望」は必要ありません。「こうではないか」「こうであって欲しい」というあなたの心はいったん置いておいて、リアルな現状把握ができるように進めてみましょう。

事故や病気の可能性は?音信不通の様々な理由

その音信不通の理由が、「あなたと連絡を取りたくないから」ということだけなら良いのですが、もしかしたら大きなアクシデントに巻き込まれている可能性もあります。

たとえば、事故。大けがをして病院に担ぎ込まれ、スマホも無くしてしまい、あなたとの連絡どころではなくなっているかも知れません。

また、家族の事情でそれどころではない、仕事で大きなトラブルにあってしまい、復縁どころではない、などの事情があるかも知れませんよね。

もしそうであれば、それらのトラブル解決が最優先事項になります。あなたがどんなに心を悩ませていても、時間をさいてもらうことはできなさそうです。

勝負に勝つには、敵の視察が第一!

もし、音信不通というのが「SNSや電話がつながらないだけで、行動範囲が分かっている」という場合は、常識の範囲内で「視察」をしてみましょう。

仕事場や学校での様子は変わりませんか?

急激に服装が変わっていたり、やつれていたり、もしくは生活環境が激しく変わっているような様子はありませんか?

もし、相手の生活が大きく変わり、そこにあなたの居場所が無さそうであれば、無理な復縁は禁物です。

あなたも、昔の恋人との連絡を絶ち、新しい生活を始めたときに無理に復縁を迫られたら、とってもイヤな気持ちになるかと思います。

そうならないためにも、相手の生活の変化を知って、復縁の可能性があるかどうかとしっかり見極めることが必要です。

信頼できる友人に聞くことで、チャンスが広がる可能性も…

別れた恋人との間に共通の友人があるなら、相手の状況がどんな感じかを聞き出すこともおすすめです。

ここで気を付けて欲しいのは、「伝言を託す」ということは避けた方がよいということです。これは、喧嘩別れをしたというお互いの感情のもつれに第三者が入ってしまうと、その伝言がプラスになるか、マイナスになるかが大きな賭けになるからです。

あくまで「どんな状況か、教えて欲しい」ということだけをお願いしましょう。もしかしたら「あなたと復縁したがっている」という情報が得られるかも知れませんし、逆に「新しい恋人ができて、復縁話の入る隙間が無い」という話を聞くかも知れません。

それを知ることで、あなたの次のアクションが決まります。復縁の成功率を上げるためにも、信頼できる友人に聞いてみてください。

あなたからアプローチする、復縁のための行動とは

これまで、「喧嘩の理由を考える」「相手の状況を知る」について解説して来ました。ここからは、「やっぱり音信普通の状態から抜け出したい」という方が、どのようなアクションを取れるかというモデルケースをおすすめします。

あなたが正しく行動することで、今すぐ復縁にはつながらなくても、未来に向けたベースは整っていきます。

決して焦らず、まずは今の状況をときほぐすことを目的にして、進めてみてください。

素直な心を見せることで、相手の気持ちは穏やかになる

喧嘩別れをした相手が、どのような気持ちでいるか…それをすべて知ることはなかなか大変なことです。しかし、相手がどんな状況であっても、ひとつだけ共通にできる行動があります。

それは、「あなたの素直な心を届ける」ということです。

それが届くかどうか、また受け取った相手がどう思うかは、あなたには分かりません。しかし、今のあなたの気持ちを「届けた」というアクション自体に意味はあります。

やり方はそれぞれかと思います。また音信不通という状況なので、完全にこちらからの連絡をシャットアウトされていたら別ですが、メールアドレスや住所が分かるなら、ぜひ文章であなたの心を伝えてみてください。

SNSのショートメッセージではなく、できるだけ、ゆっくり書いた文章で送ってください。何度も見返して、あなたの心が届く内容になっているかを考えてください。それは自分自身の心の整理にもつながります。

がむしゃらにぶつかって、答えの出る相手かどうか

連絡は取れないけれど、相手の居場所は分かる…という場合なら、ストレートにぶつかってみるという選択肢もあるでしょう。

そのときは、理由を明確にしてください。ただ「会いたかった」と言われても、相手も驚きますし、逆にマイナスイメージを植え付けてしまいます。

「喧嘩してしまったから後悔している、謝りたい」

「謝ったうえで、あなたともう一度やり直したい」

というあなたの心を、ストレートにぶつけることが大切になります。

この方法は、別れた相手の性格や、別れた当時の状況にも寄るため、すべての方に向いているとは限りません。それを理解したうえで、ダメ元という気持ちぶつかることも検討してみてください。

もし復縁ができなくても、「音信不通のまま、モヤモヤした気持ちで別れてしまった」という気持ちは解消できるでしょう。

音信不通がとけるまで、じっと待つという行動も必要かも

音信不通の状況に、別れた恋人の方が危機感を覚えたり、何か連絡する理由ができたら、するっと連絡が取れるパターンもあります。

もしかしたら「別れたショックで人と話したくなかっただけ」なのかも知れませんし、心の整理をしていたかも知れません。またあなたが思う以上に事態を軽く考えており、「最近どう?」というレベルの気楽なメッセージが来る可能性もあります。

何にせよ、できるだけのことをやったら、あなたは自分の生活を楽しんでおくことが必要です。もし次に会えたとき、あなたにプラスのエネルギーが無ければ、せっかくの復縁チャンスもうまく使うことができないからです。

恋愛には、ときに「時流に乗れるまで待つ」という行動も、必要なのです。

まとめ

普通の音信不通より、喧嘩別れの音信不通は、あなたの心に大きなダメージを与えているでしょう。でもそのつらい時期を乗り越えてこそ、次の恋愛や、復縁後の明るい生活を手に入れることができるのです。

お互いが本当に求めあっているならば、音信不通の時期があったとしても、また縁がつながっていきます。そうなったときにあなたが素直に向き合えるように、ポジティブな考えを持つようにしておいてくださいね。

復縁につながるデートテク!「やっぱりいい女性だな」と思わせる秘訣とは!?

お別れをしてしまっている相手と、もう一度デート!

もう関係は終わっているけれども、「やっぱりいい女性だったな」と思わせたい。そして、できたら復縁がしたい…そう思っているなら、そのデートはとっても大事なチャンスです。かつて付き合っていた相手というのは、新しい相手よりも関係を再構築しやすいものです。ほんの少しの工夫で、復縁につながることができるかも知れませんよ。

別れてからの「デート」、気を付けるポイントとは

まず、別れてからのデートで気を付けた方がいいことをお伝えします。いくら馴染みの深い相手だからと言って、あまりにも「いつも通り」に振舞ってしまうと、せっかくのデートが台無しになってしまいます。

ポイントはやはり相手に「あれ?変わった?」と思わせること。そして、「手放したのはもったいなかったかな」と感じさせることができたら、そのデートは大成功です。

元彼の求める「いい女性」ってどんなタイプ?まずはそれを把握しよう

まず、あなたが復縁したい元彼の求める「いい女性像」って、どんなタイプでしょう。

たとえば「心が強くて、自分の考えをしっかり持っているタイプ」に惹かれるのか、それとも「少しやんちゃで元気が良くて、一緒にいると明るくなれるタイプ」に魅力を感じるのか…

そして、今ふたりが別れてしまっているということは、少なからずとも、あなたがそのタイプにドンピシャではないという可能性が高いですよね!?となると、相手の求めるタイプに変われたら復縁ができるのか、関係ないのかを、デート中に見極めることが必要になってきます。

決して自分を捨てて相手の求める女性像に近づけばいい、というわけではありません。そうではなく、相手の本心を知っておくことで、復縁デートをあなたの方がコントロールしやすいようにしておきましょう、というアドバイスです。

昔とはちょっとだけ違うファッションがおすすめ

今までもたくさんのデートを重ねてきた相手には、特にがんばったファッションで行く必要はありません。復縁したくてあなたが必死でおしゃれをしても、それは見透かされてしまいます。

そうではなくて、昔とはほんの少し違うアイテムを身に付けることをおすすめします。たとえば昔一緒にいたときに、あなたがよく帽子をかぶっていたなら。帽子を、別れたてから買った新しいものにするのです。

そうすることで、「帽子をかぶったあなた」という、あくまで見慣れたスタイルから

「あれ?こんな色の帽子、持っていたっけ…?」

「離れてしまうと、こうやって俺の知らないアイテムが増えていくんだな…」

と、相手をほんの少し寂しがらせることができるのです。

これは、「自分の手の中から離れてしまった女性」を演出するのにちょうど良い方法です。試してみてください。

ふたりの「空気感」を大切にしたデートコースを

復縁デートでどこに行くか、それは大きな問題です。

もし相手から「〇〇へ行こう」と言われているなら、それを変える必要はありませんが、もしデートコースをあなたが決めることができるなら、

「今まで行ったことがない場所、でも、ふたりがほんの少しだけ昔を思い出せる場所」

を設定してみてください。

有効なのは、新しいスポットに行く途中に、昔一緒に通っていた駅やビルがある、という設定です。ふたりにとってもう関係のない場所ではあるけれど、「ああ、よく一緒にここを通っていたなあ」と相手にしみじみ思い出させることができたら、相手の心を動かすことができたということです。

復縁を迫るべき?それとも言い出さないほうがいいの?

もしあなたの心が「復縁したい」という気持ちでいっぱいなら、「それをどれくらい見せるか」は、デートの中での最大の課題かと思います。

もちろんお互いが「復縁したい」と思っていれば、願いはスムーズに叶えられそうですが、相手の本心が見えていない以上、あなただけが復縁を迫ってもあまり効果は無さそうです。

むしろ「そんなつもりじゃない」と、次のデートを断られてしまったら…

そうならないように、初めは慎重に進めてみる方が良いかも知れませんね。

復縁したい気持ちを前面に出し過ぎるのはNG?

まず、すでに「まだ好き!やり直そう!」と相手に言いまくっているあなた。そんなキャラで押し通すことも可能かも知れませんが、男性は押され過ぎるとかえって冷静になってしまう生き物です。

ここは、「押せ押せ」ではなく、少し謙虚な姿勢で、まずは相手を観察してみてはいかがでしょうか。

別れた彼女とのデートですから、相手にも多少の下心はあります。その下心は、復縁したいというものから、面倒は避けてデートだけ楽しみたいというもの、または復縁を迫られているから仕方なく来た、というものまで様々でしょう。

それを見極められずに、「デートにこぎつけたのだから復縁のチャンスがある!」と思い込んでしまうのは禁物です。ここぞというときに言い出せるように、復縁したいオーラはいったんしまっておきましょう。

男性の「こいつを取り戻したい」気持ちに火を付けよう

男性心理でよくあるのは、「昔の彼女は、別れたあとも自分のことを好きでいてくれるはず」というもの。女性が別れた相手をバッサリ忘れていくのとは、対極の心理があると言われています。

だから、今回のデートで復縁ができなくても、相手の心の中には少なからずとも、「この女性は、もう彼女ではないけれど、自分のことを好きで理解してくれる存在だ」という肯定感があるはずです。

そのあなたへの肯定感をうまくくすぐり、「やっぱりもう一回付き合いたい」と思わせることができたら、あなたの勝ち。

そのためにも、デートでは結論を突き付けたり、悩みを持ち帰らせるのではなく、「ふわっと、あなたの存在を相手の心に植え付ける」ということを意識してみてください。

じらし過ぎると、逃げられる

一番やってはいけないのは、相手が「復縁してもいいと思っている」というサインを出してきたときに、本当は嬉しいのに「どうしようかな…」などとじらしてしまうことです。

本当に恋人同士だったときは、そんなじらしも「可愛い」と受け取られたかも知れませんが、今は関係上は「他人」です。そのせっかくの申し出を、じらすように断ってしまったり、思わせぶりな言葉で逃げてしまうと、

相手は

「なんだ、そんな面倒なことになるなら、やっぱり次にいこう」と思ってしまうのです。

もし相手が復縁のサインを出して来たら、素直に受け入れる勇気を持っておきましょう。そして、そのときは「私も復縁したいと思っていた」と告げることで、スムーズな次の関係性を築くことが可能になります。

ふたりの未来は?復縁後を見据えて振舞おう

あなたが相手と復縁したいと思う理由は、何ですか?

まさかプライドのため、復讐のためではありませんよね?

一回別れた相手との復縁は、難しいことではありますが、叶ったあとの幸せは昔より倍増します。そのためにも、目先のことだけに必死にならず、復縁ができたあとのふたりの未来についてもイメージしてみてください。

そのイメージを相手と共有することができたら、一緒に未来に進める可能性はグッと高まります。

ふたりの未来について、ほのかに匂わせてみて!

デート中の会話では、昔の思い出話など、共通の話題が多くなると思います。

その中に、ほんの少しでいいので、未来についての話題を差し込んでみてください。

そのときは、「結婚して」など、直接的に迫るのはNGです。そうではなくて、

「あなたは、私の未来のことをちゃんと思いやってくれていたのに、気付かなくてゴメンね」

「すっと一緒にいると思っていたから、こんなに離れる日が来るなんて今も現実感がないの…」

など、昔ふたりがうっすら思い描いていた未来について、相手にイメージさせる流れがおすすめです。

そんな話をしているうちに、相手も「そういえば、ずっと一緒にいようと思っていた時期もあったな…」と、あなたとの一番いい関係のときのことを思い出してくれます。

男女を超えて、友情も結べたらベスト

別れてもデートのチャンスがあるということは、ふたりの関係性は完全に切れたわけではないということ。

そんなふたりなら、これを機会に友情という縁も結んでしまいましょう。

そもそも男女の縁とは、深いけれど限定的なものです。しかし友情は、もっと広く、お互いを尊敬しあってつながる、フリーダムな関係性です。

あなたと相手が「男女の縁」に加えて「友情」も結べたとしたら、それはまさに最強の関係です。

今すぐ復縁が叶わなくても、友情でつながっている以上、人生においての本当の縁が切れることはありません。

長い目で見て、いつか復縁を…と思っているのならば、焦らずに友情を大切にしましょう。相手にとっても、「いい女性だな、恋人としては無理でも、自分の人生の中に置いておきたいな」と思わせることができたら、未来のチャンスを手に入れたも同然です。

別れ際は、あなたから。それが次につながる導線になる

復縁したい相手とのデートは、期待や不安でドキドキ。そして、思う以上に盛り上がった場合、別れるのがつらくなってしまいがちです。

しかし、そこで覚悟を決めて欲しいのは、あなたから「そろそろ帰りましょう」と言い出すこと。その一言で、相手はあなたが自分の彼女ではないことを再確認し、復縁したい気持ちになる可能性があります。

また、あなたが言い出すことで、相手の出方や本心を探ることもできます。デートの最後にはいろいろな情報が詰まっています。その情報をしっかり把握して次につなげるためにも、また、相手から「またデートしよう」と切り出させるためにも、区切りを言い出すのはあなたであってください。

もしかしたら、次のチャンスがすぐにやって来るかも知れませんよ。

まとめ

復縁を願う相手とのデートでは、とにかく「やっぱりいい女性だな」「もう一度、こんな空気感で一緒にいたいな」と思わせることがカギになります。

必死におしゃれをすることよりも、復縁を言葉で迫ることよりも、あなたの「存在」を意識させるような行動を取ってみてください。

デートができるということは、完全に縁が切れていないということ。秘訣を知って、幸せな復縁を手に入れてみてくださいね。

復縁したいならメールで食事に誘おう!相手の心に届くメールの送り方

別れてしまった人との復縁を願うなら、まずはあなたから食事に誘ってみましょう!

その理由は、一緒にものを食べるという行為には、恋愛をうまくいかせる大きなパワーが潜んでいるからです。

男女が付き合い始めるときも、まずはなにより食事に誘いますよね?それと同じで、復縁を願うときにも、食事デートはとても有効です。勇気を出して、別れた相手をメールで食事に誘ってみてください。

どうして「食事」が復縁に効果的なの??

復縁のチャンスはいろいろなところに転がっていますが、あなたからアプローチをかけるなら、まずは絶対に食事がおすすめです。

またもし相手から、カラオケでもスポーツ観戦でもなく「食事でもどう?」と聞かれたら、復縁の可能性が高いとも言えます。そんなチャンスが来たら、断ることの無いようにしてくださいね!相手は無意識かも知れませんが、あなたともう一度親密になりたいと願っているはずです。

食べるという行為は、本能をくすぐる!

食事が復縁に効果的な理由は、ずばり、食べるという行為は人間の本能そのものだからです!

人間に備わっている三大欲というものがあります。それは「食欲、性欲、睡眠欲」と言われ、生きていく上で欠かすことのできない、基本的な欲望です。

つまり一緒に食事をするということは、一緒にベッドに入る・一緒に眠ることと同じくらい、お互いの本能を刺激する行為。

今までそう考えていなかったかも知れませんが、たとえば初デートで「大きな口を開けて食事をするのは恥ずかしい!」「はじめてなのに焼肉とか、恥ずかしい!」って思ったことはありませんか?それこそ、食事ではしたない行動を取ると、「自分の本能がむき出しになってしまう」という深層心理の現れなのです。

食欲が満ちると、相手が魅力的に見えてくる!

また人間は、目の前にどんなに魅力的な相手がいても、空腹には勝てません。しかし、おなかがいっぱいになると、自分の前にいる相手への興味へエネルギーを回すことができるようになります。

そのため、美味しいものを一緒に食べて、ほどよく満足したときこそが、相手の「恋愛スイッチ」を入れるチャンスなのです。

そしてお互いに同じものを食べているということは、おたがいの本能を一緒に満たしあっているという、ちょっとエロティックな感覚をも呼び覚ましてくれます。そうなると、相手にとってあなたはいつも以上に魅力的に見えているはずです。

だから、復縁話を出すタイミングは、食事前ではありません。相手の様子を見ながら、ほどほどに満腹感を感じたくらいに切り出すのがベストと言えるのです。

一緒のモノを食べるのは、とても親密な行動

また、一緒のモノを食べるということ自体が、とても親密な行動でもあります。

小さいころ、好きな子とお菓子を半分こして食べて、ドキドキした経験はありませんか?それは、間接キスというドキドキに加え、「食べ物を分け合った」という行動自体に、ふたりを近づける秘密があったから。

だから、復縁のデートで食事をするときも、お肉を切り分けてシェアしたり、瓶のドリンクを半分づつ飲んだり…という行動だけで、ふたりの親密度はグッと上がります。

わざとらしいシェアはNGですが、昔は付き合っていた中ですから、他人行儀にならずに「美味しいものを一緒に食べましょう」という感覚で誘ってみることをおすすめします。

誘うときはメールがおすすめ。その理由は?

相手を食事に誘うときは、SNSでも電話でもなく、メールがおすすめです。

特に電話は、相手のテンション次第で断られてしまう可能性があります。またタイミング悪く、出てもらえなかったときは、次のチャンスが来にくくなってしまうというデメリットもあるからです。そうなってしまうと、せっかくの勇気もムダになってしまいますよね!

しかし、少し古臭い手段ではありますが、メールにはいくつかのメリットがあります。それを解説していきましょう。

きちんと言葉を伝えるには、練った文章が必要

SNSではなくメールを使うメリットに、言葉をしっかり練ることができるということがあります。

ポンポンとSNSのメッセージで連絡を送ることは、便利ではありますが、あまりにもイージーです。相手にも軽く受け取られてしまいますし、返事が来ない可能性を高めます。

しかしメールなら、下書きをして、一晩寝かせてから送信をすることができます。面倒だと思いますか?でもあなたは復縁という、相手の心を動かさないと叶わない、人生でなかなかに難しいミッションに挑んでいるのです。

そのときに使う言葉は、大きな契約の前のプレゼンと同じくらい大切なものではないでしょうか。相手に伝わる、あなた自身の言葉で食事に誘ってみてください。きっと成功率が上がります。

言霊の力を最大限に借りよう

また、せっかくのメールですから、言葉に宿っている「言霊」のパワーを借りてみましょう。難しいことはありません。メールの中になるべくネガティブなワードを入れない、というだけでも、その文章には魂が宿ります。

あなたからのお誘いメールを読んだとき、相手はどのように感じるでしょうか。

忙しい日だったらイライラするかも知れませんし、偶然あなたのことを考えていた日だったら奇跡のように思うかも知れません。

とにかく、読んだときに相手に「ポジティブな感情」を与えないことには、誘いに乗ってもらえません。だから、なるべくプラスの気を乗せて送った方が良いのです。

とにかくメールには、暗い言葉やネガティブなイメージを書かないようにしましょう!

メールはふたりをつなげるベストな手段

また、今のあなたたちは「お別れをしている」状態です。

残念な話ではありますが、昔と同じような気軽な関係性はいったん終了しています。それを忘れて、以前と同じように気楽にメッセージを送ることは、相手への尊敬を失った行為でもあります。

別れているのですから、少し他人行儀なくらいでちょうど良いのです。

それが逆に相手の心をくすぐります。

だから、昔よりちょっとだけ距離がある感じを込めて、メールで丁寧にお誘いをしてみましょう。

すぐに返信が来ないかも知れませんが、相手の心が動いたら、きっと、ふたりの関係はゆっくりと動き始めるでしょう。

相手の心に届く書き方・送り方

せっかくの食事へのお誘いですから、なるべく相手の心に届く書き方・送り方をする方が良いですよね。

これには正解のテクニックはありませんが、工夫をしてみることは可能です。

特に、忙しい人や脈の無さそうな人を引っ張り出そうと思ったら、なるべくミスは防ぎたいもの。

とは言え、相手のことを良く知っているのはあなたです。どうすれば心を動かすことができるか、ゆっくり想像をしてから送るようにしてみてください。

昔をほんのり思い出させる内容にしよう

昔付き合っていたときは、デートでどんな食事をしていましたか?

食事に誘うときは、相手が行きたがるような場所を設定するのは当然ですが、ほんの少しだけ昔を思い出すような内容にしてみてはどうでしょうか。

もし「季節ごとに必ず食べていたもの」があるなら、たとえば

「夏が来たから、また一緒にウナギでも食べに行きませんか?」だったり

もし相手の好きなお店があるのなら、たとえば

「例のお店、新しいメニューができたみたいだけど、今度どう?」であったり。

一回は付き合ったふたりだからこその、少し親密な時間を過ごせるようにイメージして、メールを書いてみてください。

復縁したい気持ちは書かない!あくまでお誘いのメールを送る

復縁への思いが強いと、ついついそんな話があることを書いてしまいそうになりますが…できればメールにはあなたの気持ちは書かない!あくまで「食事のお誘いです」という体裁のメールを送ることをおすすめします。

もし復縁話が出ると知っていれば、相手は当日までに、何らかの答えを持参してきてしまいます。しかしそれではせっかくの「もう一回、親密な時間を過ごして、関係性を見直してみたい」というあなたの思いが叶わなくなってしまいます。

だから、メールの段階では、食事の誘うにとどめます。そして、本気の復縁話になるならば、お互いのおなかが満たされて、一番ゆったりと本心で話し合いができるタイミングを狙って、話をするようにしてみてください。

送信の時間帯に気を付けて、きちんと読んでもらう

最後はメールを送る時間帯です。

付き合っていた相手ですから、ある程度の生活パターンを把握していると思います。だからこそ、書き上げた直後ではなく、一番相手にとって負担の無い時間帯に送信するようにしてください。

また、深夜や仕事中など、相手が嫌がる時間帯ははずすこと。内容も伝わる前に、ネガティブに取られてしまっては困りますよね。

そして、食事のお誘いですから…相手が「おなかがすく時間帯」をみはからってみてもいいでしょう。

「誰かと何か食べたいな…」と思っているときに、ジャストタイミングであなたからのお誘いが届いたら…「食事くらいならいいか」と、誘いに応じてくれる可能性がアップするかも知れませんよ。

まとめ

食事がいかに男女の仲を取り持ってくれるか、理解してもらえたでしょうか。

そして、付き合っているときは当たり前だった一緒の食事が、いかに重要な時間であったかも、思い出してもらえたと思います。

もしうまく食事に誘い出せたとしたら、復縁の可能性はゼロではない、と言っても良いでしょう。

しかしその食事の席で、「やっぱり別れて良かった」などと思われることの無いよう、節度を保ってアプローチをするようにしてくださいね。

冷却期間はSNSを有効活用して自分の魂を磨いていこう!

大好きな人と別れてしまって、冷却期間を過ごしている人は、今の時期に何をしていいか不安になってしまうと思います。そんなときついつい見てしまうのは、慣れ親しんだSNS。しかし冷却期間中のSNSは毒にも薬にもなりますから、扱い方には要注意です。

そこで今回は、SNSをうまく扱って自分自身の魂を磨く方法をお伝えします。あなたが成長しておくと、復縁したときに関係性がとてもスムーズになりますよ!

冷却期間中のSNS、メリットとデメリット

私たちの生活に無くてはならないものとなったSNSですが、自分が上がっている時期には何でもないことも、冷却期間という、冷えつつも心が乱れる時期には少し扱いがやっかいになります。

それは、SNSというものが「プライベート」と「社会」の橋渡しをするツールだから。

好きな人は今何をしている?

友達に今の状態を素直に見せるべき?

色々な迷いがあると思いますが、まずは自分を客観視して、SNSを有効活用してみてください。

相手のSNSをチェックすることは、デメリットしかない!!

まず一番初めにお伝えしたいのは、冷却期間中に相手のSNSを見ることにはデメリットしかないということです!

今までは恋をうまく運ぶためのツールだったかも知れませんが、今のあなたにSNSはちょっとハードすぎます。なぜならせっかくの冷却期間中なのに、「ふつふつ」と感情が動かされてしまうからです。

その感情は

「やっぱり好き」というプラスのものから

「私と別れた瞬間、遊びまくってる!」というマイナスのものまで様々でしょう。

しかし、あなたの心に波を立てていることには変わりありません。

今あなたがすべきことは、手の届かない場所にいる相手の行動にやきもきすることではなく、あなた自身の魂を磨いて復縁の可能性をあげること!これを忘れないようにしてくださいね。

使っていてつらいときは、期間限定でお休みして

SNSを使うのがつらいときは、思い切ってお休みしてみましょう。SNSは便利なツールですが、あなたを不幸にしてまで使う必要はありません。

もし急にお休みすることが不安なら、親しい友人に理由を話し、「1週間ほっておいて!」などと宣言して休むこともおすすめします。

また、あなたが自分の傷をいやすためにSNSから一時的に離れたことに対し、何か言ってくる人がいたら。そんな人はさっさと縁を切ってしまいましょう。

あなたはあなたの心を大切に、向き合う時間を作ることが求められています。それこそが、復縁につながる冷却期間の正しい過ごし方です。

自分の気持ちを上げるために、上手に利用しよう

SNSは自分のテンションを上げてくれるものでもありますよね。今までずっと使ってきたあなたには、それは充分に分かっていると思います。

それならば、SNSのいいところだけを有効に使ってみましょう!

要らない情報はシャットアウトし、自分を楽しませてくれる部分だけを使うのです。

だらだらと見ていると、いい情報も悪い情報も垂れ流しで入ってきてしまうのがSNSの良くないところ。そうではなく、メリハリを付けて、あなたをアゲる道具として使いこなしてみてください。

もし今まであなたがSNSに依存していたとしたら、それを直す良い機会にもなるでしょう。

いい女は、SNSのジャンク情報になんか縛られません。自由にあなたらしい時間を過ごしてくださいね。

あなたの魂を磨くためのポイント

お付き合いしていた頃のあなたにとって、SNSは相手との連絡手段でもあり、毎日のコミュニケーション手段でもあったはず。

でも冷却期間に入ったあなたには、SNSはそんなに甘いものではなく、まさにトレーニングのためのツールとなっています。

少しつらいかも知れませんが、今こそあなたの魂はステップアップが可能です。それにはSNSを有効に使うのが一番です。それでは、どうして復縁に向けた魂磨きにSNSが最適なのかをじっくり考えていきましょう。

SNSで磨ける、客観性と社会性

SNSでまず磨けるのは客観性と社会性。どういうことかと言うと、あなたが社会的にどう見られているのか、魅力はどこにあるのか、そして悪い部分はどこかということを、SNSははっきり見せてくれるのです。

元気いっぱいだったときにハイテンションであげた投稿。

またネガティブなことを書いてしまった投稿。

どちらもあなたですが、客観的に見直してみてどうでしょうか?

誰かを傷つけていたり、ひとりよがりになってはいませんか?

フルスピードで生活をしているときは、そんなことに気を配らずにどんどん書き込みをしてしまいがちです。しかし今は、恋を失い、自分に自信を失いつつある「静かな時間」。このチャンスに、日頃の自分を振り返ってみてください。

復縁後、成長したあなたを相手に見せることができるチャンスでもありますよ。

最近の書き込みを見直してみて!もしかして黒歴史になるかも!?

別れてしまってからの、SNSへの書き込みも見直してみましょう。

愛する人と少し離れなくてはならなくなった…冷却期間を持つことになった…そんなとき、人はどうしても悲劇の主人公のようになってしまいます。

そして「どうして自分だけがこんなことに」と思ってしまいがちです。でも、恋人と冷却期間を置くことになったなんていう話は、何千年も前からあること。別に珍しいことでも何でもないのです。

それなのに妙に自虐的なことを書いてしまったり、悲しみをポエムのように表したりする人がいます。

自分の悲しみは自分の心の中だけにしまっておけばいいものを、わざわざSNSに書き込んで世界中に配信してしまう…これは将来見返すと、まさに黒歴史!

復縁するかどうかも分からない状況で、自分に酔った投稿は決してしないようにしましょう。読む人も、どのようにコメントをしていいか悩んでしまいますよ。

書く言葉にも、魂の品格は現れる

あなたの書く言葉は、あなたが口から出す言葉と同じように、力を持っています。

もしあなたがSNSに相手の悪口やネガティブなことを書いてしまっているなら、すぐにやめてください。

「仲の良い友達にしか公開していない」と言いますか?

そういう問題ではないのです。

むしろ、見せる相手限定でネガティブなことを書き込んでいること自体が、あなたの魂の品格をどんどん下げてしまっています。

心の中で思ったことを、外の世界に出すということは、その言葉に責任を持つということ。また言霊というものがあるように、あなたの書いた言葉自体が魂を持っていますから、悪口も自虐の言葉もすべてあなたの未来に跳ね返ってきます。

SNSに書き込むときは、決して汚い言葉を使わないようにしてくださいね。

冷却期間が終わったあとをイメージしよう

今のあなたが冷却期間にあるということは、少しクールダウンをして、またお互いの関係性をじっくり考えなおしてみるという機会を持っているということですよね。

それは本当に素晴らしいチャンスです。

カップルによっては、冷静になる時間など持てずに関係が完全に切れることもあります。カッとなって別れてしまい二度と復縁できない人たちなど、ざらにいます。

でもあなたはそうではありません。

だから、SNSを有効活用するなら、復縁したあとのことをイメージしてみましょう。

あとから相手に見られてNGな使い方は避けて!

まず当たり前なのは、冷却期間中のSNSをあとから相手に見られる可能性があるということ。厳重に管理をしているかも知れませんが、ネットの世界は怖いもの。どこでどうばれてしまうか分かりません。

そして、そうなってしまったときに、恥ずかしくないあなたでいてください。

見られたとき、「冷却期間中も、自分のことを思いやってくれていたんだな」と思ってもらえるようにしてください。

そうでないと、せっかく復縁したのに、また新しい問題が起きてしまうでしょう。

また「実は裏でこんなことを書く人だったんだ」を失望される可能性もあります。あなたが相手を本当にリスペクトしていたら、冷却期間中であってもその気持ちを忘れずに振舞うべきです。

あなたの成長は、投稿にハッキリ現れる

人は短期間ではなかなか変わることができません。しかし、それができるチャンスが人生には何回か訪れます。それは失恋や肉親の病気・死など、大切な人を失ったときです。

今のあなたは冷却期間中です。つまり大切な人を失いかけています。

これはポジティブに捉えると、魂の成長のビッグチャンスでもあります。

あなたが成長すれば、相手の魂を再び引き寄せることが可能になります。そして、あなたの意識が変われば、あなたから発せられる言葉や振る舞いは、自分でも気が付かないうちに変化していきます。

ここしばらくのあなたのSNSを見返してみましょう。

「あれ?もしかして変化が出てきた?」と思えるか

「残念だけど、全然成長してないな…」と思うか。

もし前者なら、あなたの魂はいつの間にかステップアップをしています。

復縁を意識して、SNSを有効活用しよう

復縁を願うなら、SNSを自己満足を満たす道具にしてしまってはいけません。

いくらあなただけが復縁を望んでも、相手の気持ちが動かないといけませんから、ぜひあなたの「成長した」姿が見えるようにしてみましょう。

冷却期間中、相手は今まで以上にシビアにあなたのことを見ています。そして復縁する方がいいか、別れた方がいいか、ジャッジをしようとしています。

そんな相手を引き寄せるのですから、あなたを少しでも魅力的に見せるようにしてください。この「魅力」とは決してファッションやヘアスタイルのことではありません。

あなたの素の思い、優しさや包容力、そして以前とは少し違う「成長」が見えると、相手は「おや?もしかして、失うには惜しい相手かも」と思い始めます。

そうなったら、復縁のチャンスは増えていきます。あとはそのチャンスを逃さないように、相手に誠実に向き合っていくだけです。

まとめ

男女の冷却期間は、使い方次第でプラスにもマイナスにもなってしまいます。ネガティブな思いをSNSに投稿しながら暗く過ごしていては、できそうな復縁も遠ざかってしまいます!

文字を書くということは自分の心を整理するのに向いています。せっかく気持ちを書き込むのなら、自分にことだけではなく、相手の心を思いやったり、これからのことを冷静に考えるチャンスにしてみてください。

そう意識するだけで、あなたの魂は確実に成長期に入っていきますよ。