もう一度会える?喧嘩別れした恋人と音信不通になった後で取るべき行動

喧嘩別れをしてしまった恋人とは、なかなか会いにくいもの。でも、あなたが「復縁したい」と思っているのに、連絡が取れない状況なら…それはますますつらい日々を送っていることでしょう!

しかし、音信不通の状況であっても、できることはあります。悲観してあきらめずに、今のあなたで取り組めることをやってみてください。人生にはいろいろなチャンスが待っています。復縁を呼び寄せるのは、あなたの心持ちなのです。

音信不通になった理由を思い出して!

まずは、そんなに好きだった人と音信不通になった理由を思い出してみてください。もしかしたら喧嘩によってお互いの心が凍り付き、なかなか連絡を取りにくい状況になっているかも知れませんし、逆に、ちょっとした誤解が溶けたら連絡ができるようになるかも知れません。

悲しみに暮れる前に、ぜひ自分と恋人の「喧嘩」と、音信不通の理由について考えてみましょう。

あなたがキッカケだったら、少し冷静に行動をした方がいいかも

喧嘩の理由にはいろいろあると思いますが、もしぶつかった理由があなたにあるなら、やみくもに「復縁したい」

と願ってもチャンスは少ないかも知れません。

もし恋人があなたのワガママや、理不尽な言葉に「怒り」「やるせなさ」を感じ、その結果あなたとの連絡を自分からシャットアウトしているなら、なかなか連絡は取れないからです。

その場合は、連絡以前に、別れた恋人の「心」をときほぐさなくてはいけません。

しかし一度凍らせてしまった心を溶かすのは、難しいことです。

会いたいと思う気持ちはあるでしょうが、会ったからといって復縁はできないかも…。それより、連絡がついて会えたときに「どのように接するか」を考え、シミュレーションしてみることをおすすめします。

相手の感情がおさまるまでは、アプローチしないほうがいい?

別れた恋人が音信不通になっている理由が、あなたへの「怒り」ではないにしても、喧嘩別れをしたということは、それなりの「感情ダメージ」を負っている可能性があります。

あなたは「復縁」を願い、また会いたいという思いにかられているかも知れませんが、相手の心が同じテンションとは限りません。

たとえば、深層心理ではあなたとの復縁を願っていても、心の表面には「会うのが怖い」「どう接していいか、自分で決められていない」をいう思いがあるパターンもあります。

その感情の波がおさまらないうちは、せっかく会っても、またお互いが傷つけあってしまいますよね。

一回の喧嘩別れならともかく、お互いの心のベースが固まらないうちに次のすれ違いが起きてしまうと、もう取り返しがきかなくなってしまいます。それを避けるためにも、恋人の感情の波がある程度おさまるまで待つという覚悟も必要になります。

別れる前は、どんな風に仲直りをしていた?

別れた恋人とまたやり直したい、そのためにまた会いたいと思うなら、ふたりが付き合っているときにどのように感情をぶつけあっていたかを思い出してください。

きっと、付き合っていた期間にも、何度か喧嘩はしてきたことでしょう。

そのときのベストな仲直り方はどのような感じでしたか?

どちらかが必ず折れていましたか?それとも、冷却期間を置いて歩み寄るスタイルでしたか?

その過去を紐解いていかないと、音信普通にまでこんがらかってしまったふたりの関係を立て直すことはできません。

また、そのときの反省材料はないですか?たとえば、「本当は歩み寄るのがいいと分かっていたけど、あなたの怒りを相手が我慢して受け入れてくれた」とか、仲直り方法自体に「別れた原因」はありませんか?

それをじっくり考えてみることで、これからどうやって別れた恋人と向き合っていけばいいかが、あなた自身に見えてくるかと思います。

相手の状況を知ることが、復縁への第一歩

音信不通になってしまったら、もう身動きが取れない…と悩んでいるかも知れませんが、あなた自身の気持ちが決まっているのならば、取るべき行動は決まっていきます。

そのためには、あなたから見えなくなってしまっている相手の「状況」を正しく知ることが必要です。ここで「推測」や「希望」は必要ありません。「こうではないか」「こうであって欲しい」というあなたの心はいったん置いておいて、リアルな現状把握ができるように進めてみましょう。

事故や病気の可能性は?音信不通の様々な理由

その音信不通の理由が、「あなたと連絡を取りたくないから」ということだけなら良いのですが、もしかしたら大きなアクシデントに巻き込まれている可能性もあります。

たとえば、事故。大けがをして病院に担ぎ込まれ、スマホも無くしてしまい、あなたとの連絡どころではなくなっているかも知れません。

また、家族の事情でそれどころではない、仕事で大きなトラブルにあってしまい、復縁どころではない、などの事情があるかも知れませんよね。

もしそうであれば、それらのトラブル解決が最優先事項になります。あなたがどんなに心を悩ませていても、時間をさいてもらうことはできなさそうです。

勝負に勝つには、敵の視察が第一!

もし、音信不通というのが「SNSや電話がつながらないだけで、行動範囲が分かっている」という場合は、常識の範囲内で「視察」をしてみましょう。

仕事場や学校での様子は変わりませんか?

急激に服装が変わっていたり、やつれていたり、もしくは生活環境が激しく変わっているような様子はありませんか?

もし、相手の生活が大きく変わり、そこにあなたの居場所が無さそうであれば、無理な復縁は禁物です。

あなたも、昔の恋人との連絡を絶ち、新しい生活を始めたときに無理に復縁を迫られたら、とってもイヤな気持ちになるかと思います。

そうならないためにも、相手の生活の変化を知って、復縁の可能性があるかどうかとしっかり見極めることが必要です。

信頼できる友人に聞くことで、チャンスが広がる可能性も…

別れた恋人との間に共通の友人があるなら、相手の状況がどんな感じかを聞き出すこともおすすめです。

ここで気を付けて欲しいのは、「伝言を託す」ということは避けた方がよいということです。これは、喧嘩別れをしたというお互いの感情のもつれに第三者が入ってしまうと、その伝言がプラスになるか、マイナスになるかが大きな賭けになるからです。

あくまで「どんな状況か、教えて欲しい」ということだけをお願いしましょう。もしかしたら「あなたと復縁したがっている」という情報が得られるかも知れませんし、逆に「新しい恋人ができて、復縁話の入る隙間が無い」という話を聞くかも知れません。

それを知ることで、あなたの次のアクションが決まります。復縁の成功率を上げるためにも、信頼できる友人に聞いてみてください。

あなたからアプローチする、復縁のための行動とは

これまで、「喧嘩の理由を考える」「相手の状況を知る」について解説して来ました。ここからは、「やっぱり音信普通の状態から抜け出したい」という方が、どのようなアクションを取れるかというモデルケースをおすすめします。

あなたが正しく行動することで、今すぐ復縁にはつながらなくても、未来に向けたベースは整っていきます。

決して焦らず、まずは今の状況をときほぐすことを目的にして、進めてみてください。

素直な心を見せることで、相手の気持ちは穏やかになる

喧嘩別れをした相手が、どのような気持ちでいるか…それをすべて知ることはなかなか大変なことです。しかし、相手がどんな状況であっても、ひとつだけ共通にできる行動があります。

それは、「あなたの素直な心を届ける」ということです。

それが届くかどうか、また受け取った相手がどう思うかは、あなたには分かりません。しかし、今のあなたの気持ちを「届けた」というアクション自体に意味はあります。

やり方はそれぞれかと思います。また音信不通という状況なので、完全にこちらからの連絡をシャットアウトされていたら別ですが、メールアドレスや住所が分かるなら、ぜひ文章であなたの心を伝えてみてください。

SNSのショートメッセージではなく、できるだけ、ゆっくり書いた文章で送ってください。何度も見返して、あなたの心が届く内容になっているかを考えてください。それは自分自身の心の整理にもつながります。

がむしゃらにぶつかって、答えの出る相手かどうか

連絡は取れないけれど、相手の居場所は分かる…という場合なら、ストレートにぶつかってみるという選択肢もあるでしょう。

そのときは、理由を明確にしてください。ただ「会いたかった」と言われても、相手も驚きますし、逆にマイナスイメージを植え付けてしまいます。

「喧嘩してしまったから後悔している、謝りたい」

「謝ったうえで、あなたともう一度やり直したい」

というあなたの心を、ストレートにぶつけることが大切になります。

この方法は、別れた相手の性格や、別れた当時の状況にも寄るため、すべての方に向いているとは限りません。それを理解したうえで、ダメ元という気持ちぶつかることも検討してみてください。

もし復縁ができなくても、「音信不通のまま、モヤモヤした気持ちで別れてしまった」という気持ちは解消できるでしょう。

音信不通がとけるまで、じっと待つという行動も必要かも

音信不通の状況に、別れた恋人の方が危機感を覚えたり、何か連絡する理由ができたら、するっと連絡が取れるパターンもあります。

もしかしたら「別れたショックで人と話したくなかっただけ」なのかも知れませんし、心の整理をしていたかも知れません。またあなたが思う以上に事態を軽く考えており、「最近どう?」というレベルの気楽なメッセージが来る可能性もあります。

何にせよ、できるだけのことをやったら、あなたは自分の生活を楽しんでおくことが必要です。もし次に会えたとき、あなたにプラスのエネルギーが無ければ、せっかくの復縁チャンスもうまく使うことができないからです。

恋愛には、ときに「時流に乗れるまで待つ」という行動も、必要なのです。

まとめ

普通の音信不通より、喧嘩別れの音信不通は、あなたの心に大きなダメージを与えているでしょう。でもそのつらい時期を乗り越えてこそ、次の恋愛や、復縁後の明るい生活を手に入れることができるのです。

お互いが本当に求めあっているならば、音信不通の時期があったとしても、また縁がつながっていきます。そうなったときにあなたが素直に向き合えるように、ポジティブな考えを持つようにしておいてくださいね。