倦怠期に別れたカップルが復縁する可能性は?相手の心理状況は?

恋がジェットコースターのように進んでいる甘く刺激的な時期は、とっくに終わり。気が付いたら倦怠期で、なんだか面白くなくなって別れてしまった…。男女の関係にはそんなことってよくありますよね。でももしあなたが、倦怠期に別れた相手ともう一度やり直したいと思っているなら…その復縁は、普通の復縁よりも少しハードルが高いかも!?

そこでまず、相手の心理状況をよく読み取って、その復縁が叶うかどうかジャッジしてみましょう。

倦怠期とはどんな状況?あなたたちはどうだった?

カップルの倦怠期とは、一緒にいることに慣れてしまったふたりが、デートでのドキドキ感などを失い、恋の面白さが無くなってしまったことで別れを考える時期のことを指します。

倦怠期は、ふたり同時にやって来るとも限りませんが、一般的には長く付き合うことで必ず訪れる「マンネリの時期」と考えられています。あなたが別れた時期は、どんな感じでしたか?

倦怠期でもずるずる過ごしていたカップルの特徴とは

普通、倦怠期は面白くありませんから、どちらかがお別れを言い出すことが多いです。

しかし倦怠期に入っても、ずるずると付き合いを続けてしまうカップルがいます。

その特徴としては

「特に別れる理由がないから付き合いを続けている関係」

「付き合い始めも、なんとなく、ずるずると始まった関係」

というものがあげられます。

つまり、関係性の始めも終わりも、「何となく」「どちらが言い出すこともなく」という状況で進んでいるのです。

あなたはどうでしたか?

とは言え、復縁を願っているということは、一度は別れたということですよね。しかし倦怠期に別れたカップルの復縁率はあまり高くないと言われています。

男女によってまったく違う、倦怠期の受け取り方

倦怠期は、恋のドキドキ感を失った時期ですが、その受け取り方は男女で違います。

女性は、愛されていることに喜びを感じがちですから、イベントなどもスルーされて、まるで夫婦のようになってしまった倦怠期に不満を持ってしまいます。また昔はこうだったのに…と、過去と現在を比較し、ネガティブな気持ちを抱くことも多くあります。

倦怠期の男性に良くあるのが「諦め」です。

もう、こうやって夫婦みたいに過ごしていくのか…という、一種の悟りのような気持ちを持つことが多く、自分から環境を変えることを面倒に感じてしまうのです。また、いまさら別れても、次の彼女を見つけるエネルギーは無いな、と思ってしまうのも男性の特徴です。

だから倦怠期に別れを切り出すのは、「恋ってもっとワクワクするはず!」と思う女性サイドからが多い、という話にはうなずけますね。

倦怠期にもメリットはある

倦怠期には、メリットもあります。まず倦怠期は長く付き合わないと訪れないということ。つまり、すぐに恋人が変わる人には経験できない、究極の男女関係とも言えるのです。

また人は成長します。

たとえば18歳で付き合い始めたカップルが、28歳になったとき、お互いが18歳のままのはずはありませんよね。人生経験も踏むでしょうし、お互いに尊敬できる部分も変わっていくでしょう。

そう考えると、倦怠期を乗り越えてまた新しい関係性を築き上げることは可能と言えます。

その最終形が「夫婦」です。

ドキドキしなくなったからと言って、すぐに別れていたら、夫婦という関係性は成り立ちません。

そう考えると、倦怠期は一時的なものであって、すべてを終わらせるにはもったいない理由であるとも言えるのです。

倦怠期に別れたカップルの復縁の可能性

そんな倦怠期に別れてしまったカップルは、復縁できるのでしょうか。

これは一般論ですが、なかなか復縁は難しいとも言われています。その理由は、倦怠期という一番相手が魅力的に見えない時期に別れているからです。

お互いの恋心が失われている状況では、「もう一回、あの人が欲しい!」という気持ちにはなりにくいパターンが多くあるため、復縁の難易度が上がってしまいます。

別れた理由が「誰かのため」なら復縁はできるかも

別れた理由によっては、復縁ができる可能性もあります。それは「誰かのため」に別れている場合です。

恋愛はふたりだけではできません。ふたりを取り巻く人間関係が関わってきます。

もしあなたが

  • 親に反対された、早く結婚しないなら別れろなど言われ、従った
  • どちらかの昔の恋人に気を使ったり、嫌がらせを受けたことなどが理由で別れた
  • 上司などに、将来のことを考えたら別れた方がいいと言われた

など、「人のため」に別れているのならば、復縁はできるかも知れません。

ふたりの深層心理での思いが変わっていなければ、今度は「ふたりのため」に関係性を作ることが可能だからです。

倦怠期にどれくらい会話をしていたかがポイント

倦怠期のカップルは、会話が少なくなりがちです。しかし、別れる前にどれくらい会話をしていたかが復縁の可能性を知るポイントにもなります。

会話とは、お互いの「言霊」の交換です。長く付き合うことで、何も言わなくても分かり合える…と思い込んでしまうと、魂のコミュニケーションの機会が減り、ふたりの絆はどんどん失われてしまいます。

だからもし、別れる前にも割と会話をしていた、と思うなら。

ふたりの縁は、まだうっすら繋がっているかも知れません。

ただしその会話が、ケンカだったりネガティブなことばかりだったら、復縁は難しいでしょう。魂はそのような状況に再び戻りたいとは思わないからです。

お互い別の人と付き合って、また再会するパターンが多い?

倦怠期に別れたカップルは、お互いが一度別の人と付き合って、また付き合うことも多いと言います。それは、倦怠期という「相手のことがよく見えなくなった時期」に一回離れたことで、見えなくなっていた魅力や、自分にとっての必要性を再確認できるからです。

また長く付き合っていたということは、相手のことを良く知っているということでもあります。

お互いの理解度が高ければ、一度離れようが、またパートナーとして手を組むこともできやすくなります。

相手を忘れるためにむりやり他の人と付き合うのは、エネルギーをムダに消費するためおすすめはできませんが、何か縁のあった人と付き合いをしてみて、改めて自分と昔の恋と向き合ってみることも、復縁には必要なことでしょう。

相手の心理状況を知って、復縁への道を探そう

相手は、あなたと別れてどう思っている?

いくら付き合いが長くても、相手の本心を知ることは難しいことですよね。しかしその心理状況が分かれば、復縁への道しるべにはなりそうです。

マンネリ時期に別れたというデメリットもありますが、相手のことを良く知っているというアドバンテージもあります。ただし、「私があの人のことを一番知っている」と思い上がるのは禁物です。あなたは近くにいすぎて、相手の成長や変化を読み取れていなかったかも知れないからです。

話し合う余地があるなら、時間を作ってもらおう

もしまだ友人としての関係が続いており、話し合う余地があるなら、思い切って時間を作ってもらいましょう。

そしてそこで話すのは、復縁を迫ることではなく、今までのお互いの関係をじっくり紐解くこと。

何年も一緒にいたということは、お互いの人生を使い合ったということ。

そこにある思いに耳を傾けることは必要です。

相手の心理の中には、よほどあなたを拒絶していない限り、「長く付き合った人」という緩やかな安心感を持っている可能性があります。

攻撃やお願いではなく、その安心感の範囲内で話をすることで、相手の本音を聞き出すことがスムーズになります。

ふたりの時間の過ごし方を見直してみて

ふたりが倦怠期にどのように時間を過ごしていたか、は、今後の復縁に大きく関係してきます。

もしお互いをリスペクトせず、自分勝手に過ごしていたり、浮気をしていたならば、復縁をしても同じことが起きてしまうでしょう。

そうではなく、マンネリではあったけれど、ゆったりした時間を一緒に過ごしていたら。不足しているのは少しの刺激であって、お互いの気持ちが消えたわけではないようです。

それは、関係の解消が「環境」に左右されただけで、ふたりの気持ちが変わったわけではない、ということを指しています。それがもし当てはまるなら、スムーズに復縁ができるかも知れません。

「倦怠期に何が足りなかったか」を考えることで、復縁のチャンスはやって来ます。特に男性はそのようなことを深く考えることが苦手。「私たちの関係って、こうだったかもね」と、女性の方が提案することで、するするとうまくいくこともあります。

相手の素直な気持ちを引き出して、復縁を叶える

相手がもし復縁を願っていたとしても、心理的には「何を今さら、戻れるものか」と意地を張ってしまいがち。

特に男性は見栄とプライドに支配されることがありますから、その心理を知って、うまくくすぐってあげることも必要です。

もし相手が意地を張っているのが分かったら、それを溶かすことができるのは、長く付き合ったあなただけ。少し甘えてみたり、頼ってみたり、付き合い始めにしていたようなことをして、相手の心をくすぐってみてください。

もともと信頼関係ができている場合は、だんだんと相手の素直な気持ちを聞き出すことができるようになります。そうなったらしめたものです。

すでに長い月日を歩んできた仲ですから、今さら焦って進める必要は無い、と割り切りましょう。ふたりの縁が切れていなければ、氷がとけるように、関係性がまた動き始めることでしょう。

まとめ

倦怠期に別れたカップルの復縁は、「ケンカをした!別れた!復縁した!」という、恋の初めの情熱とは真逆のところにあります。しかし、じんわりとした夫婦のような時期を過ごしたからこそ、ふたりにしか理解できない感覚を分かることもあるはずです。

もちろん復縁できるかどうかは、タイミングにもよるでしょう。でも決して焦らずに、お互いの関係性を見直すことで、復縁できるかどうか、そして本当に復縁がしたいのかどうかにも気が付くはずです。幸せな未来に向けて、人生を見つめ直す時間を取ってみてください。