W不倫だった相手と復縁は可能?幸せになるためのポイントとは?

不倫の中でも、お互いに配偶者があるW不倫は社会的にも「よくないもの」とされていますよね。

しかし、やっとその状態から抜け出たにも関わらず「復縁がしたい」と思ってしまうのは、どうしてでしょうか。

今回は、結婚しているのに引かれ合ってしまう男女の不思議と、もし復縁が叶った場合、どこに気を付けると幸せに過ごせるか…ということをまとめてお話します。

本当に復縁したいかどうかも、胸に手を当てて考えてみてくださいね。

あなたが不倫をしてしまった理由

W不倫は始まったとき、あなたはどう感じていましたか?

世間体よりも、好きという感情が優先されてしまったのですよね。

もし好きでもない相手からW不倫を持ちかけられても、「気持ち悪い」「いいことなんて無い」と、断っていたと思います。

でも、悪いことと知りながらも付き合ってしまったという背景には、常識や理性では考え付かない「何かの力」が働いたということですよね。

まずは、付き合っていた当時のあなたの気持ちを紐解いていきましょう。

冷静に自分の心を振り返ってみて!

W不倫だった相手と復縁ができるかどうかは、正直分かりません。普通の恋愛よりハードルがとても高いからです。

あなたは不倫相手を心から愛していましたか?

もし「いつもおごってくれたから」「W不倫している自分がカッコいいと思ったから」などというファッション的な理由で相手を縛っていたのなら、そのあとに来る不倫の代償に耐えられるだけの愛は無いと考えられます。

また「誰かに復讐をするため、相手を社会的に陥れるため」などのネガティブな理由があるなら、復縁はおすすめしません。せっかく別れられているのですから、黒い情熱で人生を台無しにすることはありませんよ!

心の底から「あの人を愛している」と言える女性だけが、W不倫の相手との復縁を願う権利を持つのです。

どうして別れたの?あなたは納得しているの!?

別れた理由はなんですか?

どちらかの配偶者にバレた…子どものことが理由で不倫を続けられなくなった…など、いろいろな要因があると思います。

また残念ながら、どちらかがウソをついていることもあります。たとえば本当は嫌いになったのに、「奥さんにバレそうだから別れよう」など、家庭の理由を持ち出されたということはありませんか?

ここで大切なのは「真実の理由であること」と、それをお互いに隠さずに話し合ったかどうか、ということ。それができていないと、いつまでたってもあなたは恋を引きずってしまいます。

納得できない別れほど、気持ちを削るものはありません。

また、お互いにじっくり話し合って納得して別れたのであれば…一時はつらくてもお互いの未来のために関係を清算できるはずです。

・不倫がこの世から無くならないわけ

ダメだと思っても魅かれてしまう…

W不倫にはまる人は皆、そう思っていることでしょう。

そして、もともと人間は「好きになったら止められない」ものです。

しかし、男女が見境なく関係を持っていては、社会が成り立ちません。だからこそ、社会的な契約である「結婚制度」というもので規律を作っているのです。

世の中には「制度」と「実情」がかみ合っていないものがたくさんありますが、結婚制度はまさにその代表的なものです。

しかし、そうは言っても結婚は「契約」です。W不倫をしているということは、あなたと相手はお互いに契約違反を犯していたということになります。

これはなかなかキレイに解決はできません。なぜなら、お互いの配偶者の「気持ちと運命」が絡んでくるからです。

自分たちが契約違反を犯していたこと、それを認め、つらい道であっても好きな相手と添い遂げたいと覚悟を決めた女性だけが復縁に近づけると言えるでしょう。

W不倫の復縁には、魂の覚悟が必要

W不倫の復縁は、せっかく「何もなく終われそう」な関係にもう一度波風を立てることと一緒です。その覚悟はできていますか?

また、覚悟と言っても「慰謝料」「手続き」のような、現実世界に目に見えるものだけではありません。

苦しくても一緒に乗り越えられる、お互いの魂の覚悟が必要です。

これが無いと、口先だけで「復縁しよう」と言いつつも、実際に苦しい立場になったら自己保身をしてしまう…というみにくいことが起きてしまいます。

あなたの心からの覚悟と、それ以上の相手の覚悟を信じることはできますか?それができないなら、復縁をいうイバラの道へわざわざ進むことは無いかもしれませんよ。

一度別れたということは、準備が足りなかったということ

男女は、見えない赤い糸でつながっていると言います。

それが実際にあるかどうかはともかく、本当に縁のある相手とは何があっても一緒になるはずです。

また、何度も別れてはくっついて…を繰り返すカップルがいるのも知っていると思います。これは縁はあるのに、復縁してみて「まだ成長しきれていなかった」ということに魂が気付き、冷却期間を置いているというパターンです。

お互いの心の準備ができていないと、一緒のハードルを越えることはできません。だからこそ、運命は「ふたりの準備がきちんと整うまで」復縁を先延ばしにすることがあります。

あなたが相手のことを心から愛し、運命の相手だと信じているのなら…目先の復縁にとらわれず、焦らずにチャンスを待つことも必要です。

魂は、ふたりの未来を知っている

W不倫の最中や、復縁したくて悩んでいるとき。あなたは不安でいっぱいになっているかと思います。しかし、いくらあなたがアレコレ考えても、その考えが未来を動かすことはありません。

なぜなら、あなたと相手が復縁するかどうかは、魂レベルではもう分かっていることだから。

あなたにできることは、今の想いに振り回されず、おおらかな心で「現実を受け入れる」こと。それができず、視野がせまくなっていると、復縁のサインが来ても気付けずに終わってしまいます。

あなたが相手を本当に愛しているなら。どっしりと構えて「私たちは必ずまた引き合える」と信じてみてはどうでしょうか。復縁のチャンスは、あなたが成長したときに現れやすくなりますよ。

復縁が不可能なら、すっぱり諦めることが大切

どんなに愛していても、今の状況では一緒なれない。

人生にはそんなこともあります。

好きな人を失うのは怖いと思いますが、それでも、子どものように駄々をこねていてはあなた自身の未来も暗くなってしまいます。

「この状態では、復縁はちょっと無理だな…」そう思ったら、勇気を出してすっぱり諦めてみることも大切!

重要なのは「不幸な復縁」ではなく、「あなたの幸せな未来」です。

関係を修復したい!という目先の想いに執着せず、たった一回しかない人生を生きるということを広く考え、自分らしい選択ができるようにしてみてください。

あなたが幸せになるポイント

では、あなたにとっての幸せとは何でしょうか。

それは決して「誰かに属すこと、誰かを手に入れること」ではないはずです。

なぜなら、あなたの魂はもっと広い視野で、あなた自身の幸せを願っているからです。

あなたがW不倫の相手と復縁したいのは、単に「さみしいから」ではないですか?もしそうなら、復縁よりももっとスケールの大きい幸せを逃している可能性もあります。

あなたはもっと幸せになっていい人です。その可能性を自分で縛らないでください。だからこそ、復縁にとらわれず、自分にとっての本当の幸せとは何かを考える時間を作ってみてください。

今まで思いもしなかった感情が湧き起こり、新しい未来をもたらしてくれるかも知れませんよ。

誰かのため、に付き合わないで!恋はあなたのためにある

あまり良くない恋愛に付きものなのが、「誰かのため」にずるずると引きずってしまうことです。

たとえば「子どものため」「親のため」、そして「相手のため」「お金のため」「世間体のため」……言い出すとキリがありませんが、そんな理由でしている恋愛に、本当の幸せは含まれていません。

幸せな関係とは、「あなたのため」にあり、そしてあなたの幸せが「相手のため」にもなる関係です。

もしW不倫に戻り、結果的に「誰かのため」にあなたが無理をすることになるなら、それは避けた方が良いでしょう。

それより、「あなたが、胸を張って幸せと言えるかどうか」がポイントとなることを覚えておいてください。

不倫相手の魂が成熟していないと、もっとつらくなる

もし復縁ができても、相手の魂が昔のままなら、余計につらくなることも予想されます。

復縁にあたり、あなたはいろいろ考え、悩み、覚悟を決めたと思います。そのプロセスは確実にあなたの魂を成長させました。しかしもし相手が同じような手順を踏んでおらず、昔のままだったら…

ふたりのレベルに差が出てしまい、一緒にいることすら難しくなってしまうでしょう。

そして、昔は許せていた相手の悪いところも、なかなか認められなくなる可能性があります。これはあなたが厳しくなったわけではなく、あなたの魂が先に次のステージに上がってしまったからです。

だからこそ、復縁する前にはお互いに気持ちを整理し、何があっても一緒に乗り越えるという覚悟を、相手にも決めてもらうことが大切なのです。

あなたの決断が、幸せな未来を呼び寄せる

復縁にしても、お別れにしても、あなたは今、何かを「決断」する立場にいます。

これはとても大変なことですが、未来のためにも「あなたが、きっちりと決める」ということは、とても有益なことです。

もう、人に流されたり、利益のために恋をするのはやめましょう。特にW不倫という社会的に厳しい恋愛では、そんな理由で続けていてもあなたのためにはなりません。

そして、決めたらキチンと相手に話しましょう。ずるずると、中途半端な状態を続けることはよくありません。

そこであなたに不利益なことをしてくることがあったら、あなたが好きだった相手は「たいした男ではなかった」ということになります。

あなたの今回の決断は、もっといい恋愛を見つけるための「試練」でもあるのです。

まとめ

W不倫をしていることは、なかなか人にも言えず、ひとりで抱え込んで悩むことが多いと思います。だからどうしても視野が狭くなってしまうのです。

とは言え、せっかく出合った人ですから、お互いの未来を見据えた復縁をするようにしたいですよね。一度、深呼吸をして自分と相手を客観的に見てみてください。きっと幸せな未来につながるヒントを発見することができるでしょう。