振った側が後悔する心理とは?後悔しやすい人の特徴5選

自分から別れを決めて恋人を振った人の中には、振ったことを後悔している人もいます。ですが自分から振った手前、もう一度付き合ってほしいなんて言えない人は多いものです。

あなたが復縁したいお相手が振ったことを後悔しているなら、すぐにでも復縁したいところですよね。そのためには、後悔する人の特徴を知れば復縁が叶いやすくなるでしょう。

そこで今回は、振った側が後悔するときの心理や特徴をご紹介していきます。

自分から振ったのに後悔することがあるって本当?

冒頭でふれたとおり、自分から別れを決めたのに振ったあとで後悔するという人はいます。振られた側からすると、にわかには信じがたいかもしれませんが、それはあまり珍しいことでもありません。

もちろん振った側がいつも後悔しているというわけではありません。しかし振ったことを後悔しやすい人というのは存在しています。

もしもお相手があなたを振ったことを後悔しているのなら、復縁することは難しいことではありません。お相手も復縁したいと思っているでしょう。

しかし、ここで難しいのは、お相手が振ったことを後悔しているかどうかがわからないということですよね。100%それを見極めるのは難しいのですが、可能性が高いかどうかを知る方法はあります。

振ったことを後悔しやすい人の特徴とは?タイプ別にご紹介

振ったことを後悔しやすい人の特徴がわかれば、お相手が振ったことを後悔しているかどうかを考えることができるでしょう。そこで、振ったことを後悔しやすい人の特徴について、ご説明していきます。

あなたが復縁を願っているお相手が、このどれかにあてはまるのではないか、しっかり考えてみましょう。もしも振ったことを後悔していそうな様子なら、復縁はすぐ目前に控えているかもしれません。それが自信になって、より二人が復縁することを信じられるようになるでしょう。

短気ですぐ怒る人は振ったことを後悔しやすい

振ったことを後悔しやすい人の特徴には、「短気ですぐ怒る」ということが考えられるでしょう。短気ですぐ怒る人は、ちょっとしたことで相手に不満や怒りを感じ、発作的に「別れたい」「別れた方がいい」と思いがちです。

その怒りの衝動に任せて別れてしまった場合、冷静になったときにその別れを後悔してしまいやすいのです。

また、短気な人との喧嘩はとてもダイナミックなものになりやすいですから、喧嘩がヒートアップしてしまって、思ってもないこと、つまり「別れ」を切り出してしまったということもあるでしょう。

短気ですぐ怒る人に振られた時に、喧嘩をしていたり、相手が一方的に怒っていたりしたということなら、お相手は振ったことを後悔している可能性が高いと言えます。

自分の恋人とそれ以外の異性を比べがちな人は、一次的な気持ちで振ってしまうことも

自分の恋人とそれ以外の異性を比べて、自分の恋人にないものを探してしまうという人も中にはいます。

こういうタイプの人は、本当に今の恋人が自分にふさわしいかなどと思い悩みやすくもあり、気持ちが不安定になったり、自分の気持ちに自信がもてなくなったりすると恋人を振ってしまうことがあります。

こういう人は、別れたあとも元恋人とその他の異性を比べたりしてしまいます。そうして、やっぱり元恋人がよかったと思ったりすることもあるのです。そして元恋人を振ってしまったことを後悔します。

こうした優柔不断なタイプの人とは比較的復縁もしやすいのですが、復縁後にもう色々と迷わないでいてくれるように、そういったところまで詳細にイメージして、潜在意識に刷り込むことが重要になります。

未練を持ちやすい人は振ったことを後悔してしまう

特に男性には、自分が付き合っていた彼女たちに未練を持ちやすい人が多く、自分が振ったにも関わらず未練を残して元恋人のことを思い出したりする人がいます。

普段からいろんなことを後悔しがちなタイプの人は、未練を残しやすく、振ったことを後悔することが多いと言えます。何か理由があって振ってしまったものの、勿体無かった、やっぱり振るんじゃなかった、一人はさみしい、やっぱり好き、ほかの人には渡したくない・・・など、その思いのパターンは様々ですが、とにかく振ったことを後悔しやすいのです。

あなたが復縁を願っているお相手が、普段からいろんなことを後悔していた様子なら、あなたにも未練を残して振ったことを後悔しているかもしれません。

脅しのように「別れ」を告げるタイプもいる

とても残念なことですが、相手を自分の思い通りにしようと思って、「別れる」ということを脅しのように使う人もいます。「〇〇してくれないなら別れる」「〇〇してくれなかったから別れる」というような感じです。

このタイプは実は本気で別れるつもりはなく、またどうせ相手は自分の元に戻ってくると思っています。そのため、気軽に別れを脅しのように使うのです。

ただ、脅しのつもりで一時的に別れたのに、本気に取られてしまって本当に別れてしまったというパターンになることもあるでしょう。このパターンになると、このタイプの人は途端に別れを口にしたことを後悔しはじめます。

あなたの元恋人が、常日頃から「別れ」を口にしていなかったか、よく考えてみましょう。あなたが思い通りにならなかったときに別れを切り出していたのなら、このタイプである可能性が高いでしょう。

気分屋だと気分で振ってあとからひどい後悔をする

世の中にはその時の気分で恋人を振ってしまう人もいます。特にとても気分屋な人だと、そうした行動に出やすいと考えられます。特に理由があるわけでもなく、なんとなくその時に別れたい気分だったというだけなのです。

気分屋の人なら、その別れたい気分も長くは続きません。次の瞬間にはやっぱり別れたくなかったという気分になることもあるでしょう。誰にでもそういう波はありますが、特に気分屋が激しい人だと、別れるというような極端な行動までとってしまうのです。

気分屋のために恋人を振ったという人は、あとからとても後悔します。しかし振った理由が振った理由なので、自分でも説明することができず、ずっと復縁を切り出せないでいるのです。

振ったことを後悔していても復縁を持ち出せない男の心理

ここまでご説明したとおり、振ったことを後悔しやすい人というのは思いの外いるのです。特に男性には、この特徴にあてはまる人が多く、振ったことを後悔している人も多いでしょう。

そして男性が女性と最も違う点は、振ったことを後悔したとしても自分から相手に復縁を切り出したり、振ったことを謝ったりすることがとても難しいということです。女性なら、結構簡単に復縁を切り出せたりするのですが、男性は振ってしまったのにまた戻りたいなんて、カッコ悪いと感じてなかなか言い出せないことも多いでしょう

自分のことを振った元彼が、おそらく振ったことを後悔していると感じたとしても、なかなか復縁を切り出してこないのは、この男性心理があるからなのです。そういった男性心理のために復縁を切り出せないタイプとの復縁には、潜在意識を活用することをおすすめします。

こうしたタイプは、正面から復縁を切り出してもなぜかなかなか受け入れなかったりします。ですからあまり行動するよりは、すべてを潜在意識におまかせして、復縁する日がやってくるのを待っているのがいいのです。

振ったことを後悔している人との復縁は簡単

振ったことを後悔している人との復縁は、とても簡単です。本心では相手も復縁を望んでいるからです。ですがそこにお別れした時の状況や男性心理などが絡むと、なぜだか複雑なことになってしまいます。

しかし潜在意識を使って復縁を引き寄せれば、そうした複雑な問題もなぜか勝手に解決されてしまいます。ですから、色々と行動するよりは、ただ「復縁する」ということだけ決めておいて、あとは潜在意識に全てをおまかせしましょう。そうすれば、潜在意識が最善の道をあなたに与えてくれます。

振ったことを後悔している場合、本心ではお相手も復縁したいと思っていますから、すべてを潜在意識に任せていれば、意外と早く復縁できてしまうでしょう。

まとめ

振ったことを後悔する人には、ここでご説明したような特徴があります。その特徴とあなたの元恋人を見比べて、まずはお相手が振ったことを後悔しているのかどうかを考えてみましょう。

もしも後悔していそうなら、復縁はすぐそこに控えています。ですから、あれこれ復縁に関して行動するよりも、ただ潜在意識に任せてどんと構えているのが、復縁するための近道になるでしょう。

間違っても、お相手に「振ったことを後悔しているのではないか」などとの確認をして、お相手を刺激するようなことをしないようしてください。

「お相手が後悔しているなら、復縁はすぐできる」

それさえわかっていれば、あなたができることはただその日を待つだけなのです。