元彼と復縁はできる?「友達でいよう」という男性心理10選

別れた元彼から「友達でいよう」と言われたことはありませんか?
これは別れる際によく使われるお決まりの言葉ではあるのですが、その裏に隠された男性心理にはいろいろなパターンがあります。

そして言葉だけを受け取り本心を理解できていないと、復縁のチャンスを見極めることはできません。まずは、「友達でいよう」と言った元彼の男性心理を探ってみましょう。

男性心理①「あなたを手放しきれない、未練の心」

まず一番に考えられるのは、何か理由があって別れてしまったけれども、あなたを100%手放しきれない未練たっぷりの心です。

これは男性の弱さの表れでもあります、なぜなら本当にお互いの未来のために別れを選択したのなら、どんなにつらくてもあなたを手放さないといけないからです。

しかし、心の底ではそれが分かっていても、「友達」という聞こえの良い言葉でうっすらあなたをキープしておきたいという少しずるい気持ちが見え隠れします。

もし元彼が「少し飽きてきたから、二股をかけよう」「本命にアタックして、無理ならまたあなたと付き合おう」という悪い心を持っているなら、復縁は願わずにきっぱりお別れをするのもひとつの選択肢です。

男性心理②「世間体を気にする、弱い気持ち」

男性とは、女性の何倍も世間体を気にする生き物です。そのため「別れた」というみじめな立場を自分で受け入れられず、周りにも「友達に戻った」という言い方をすることがあります。

また男性にとって「付き合った女性を幸せにできなかった」ということは、意外とプライドを傷つけられること。たとえそれが自分のせいであっても、世間体を守るために「自分は悪くない、ただ友達という関係に戻っただけ」と言い訳をするのです。

確かに、修羅場があって傷付けあって別れた、というのはカッコ悪いですが、そこを隠したって先へは進めませんよね!でも女性はそれを分かっているので、世間体より未来を選びます。

もし元彼と復縁ができた場合も、「この人はいざとなったら世間体を気にするタイプだな」と理解し、あなたが上手くコントロールをする必要がありそうです。

男性心理③「あなたの未来を縛っておきたい、ずるい気持ち」

いろいろ行き違いがあって、恋人としては別れてしまったけれど…

「こいつが他の男と付き合うのは見たくない」と思うのも、男性心理の特徴です。

なぜなら男性とは、一度手に入れたものは自分に属したままにしたいものだからです。

そのため、スッキリお別れすることなく「友達でいよう」と言ってしまうのです。しかしこれは、あなたの未来をうっすらと地味に縛る、あまり良くない状態です。

もし元彼があなたのことを本当に思っているなら、あなたの未来の幸せを願うはずだからです。

元彼にこんな心理があるのなら、いっそのこときちんと「もう一度、未来に向かって一緒に歩いてみよう」と言って欲しいですよね。元彼に「あなたを誰かに渡したくない」という気持ちがありそうなら、逆にあなたから復縁のアプローチをかけてみてもいいかも知れません。

見出し④「潜在意識に操られた、処理できない想い」

恋というのは、思い通りにいかないもの。

計画通りに進む恋愛なんて、この世に存在しません!

なぜならそれは、現実世界の理由や理屈ではなく、「潜在意識」に操られたものだからです。

たとえば、本当は心から愛しているのに、口では「もう会いたくない!」と言ってしまうこと、ありますよね。また強がった態度を取っていても、知らずのうちに涙が流れてしまうことなんかもありませんか?

これは、人間がいかに自分の心を自分でコントロールできていないかということでもあります。

だからこそ、元彼の潜在意識では「別れたくない」と思っているのに、現実では別れてしまう…という矛盾が男女間にはたくさん起こるのです。

「友達でいよう」の裏に、潜在意識にあやつられた気持ちがあるとしたら、彼自身にもコントロールできていない状況です。焦らず、元彼の潜在意識が「復縁」に向かってくるのを待ってみてもいいでしょう。

男性心理⑤「失うのを怖がる、逃げの心理」

男性は、女性より怖がりです。特に一度自分の手の中にあったものが失われるのを、とても怖がります。

たとえば元彼は、大切なコレクションや、思い入れのある時計などを失くしたとき…予想以上に悲しむことはありませんでしたか?

だから、一度は自分のものだと思ったあなたを、完全に失うのが怖いのです。

でもそれは、ちょっとずるいですよね。現実から目を背けても、あなたも元彼も幸せにはなれないからです。

女性の方が「失ってしなったら仕方がない!次へ向かおう」という気持ちの切り替えが得意です。もしあなたが「友達ではなく、白黒はっきりさせたい」と感じているのなら、

「私を失うのを怖がって、中途半端にキープしないで欲しい」と言ってみてはどうでしょう。そこで元彼の気持ちに覚悟が生まれたら、どちらにしてもはっきりした結論が出るでしょう。

男性心理⑥「本音を言えない…成長できていない幼さ」

少し弱い男性は、あなたに対してきっぱり本音が言えていないかも知れないですね。

たとえば、本当はもう会いたくない、関係を切りたいと思っているのに、自分が悪者になりたくないという心理から「友達でいよう」と、オブラートに包んだ言い方をしている場合もあります。

これを優しさと捉えることもできますが、大切なことをはっきりさせることのできない幼さから来ているのであれば要注意です。

男女の縁がつながったり切れたりすることは、人生にとって成長のチャンスです。たとえ悲しい時期があっても、それは魂を次のステージへ上げてくれるからです。

元彼に「幼さと弱さ」が見え隠れするなら、一度ちゃんとお別れをして、お互いの魂が成長してから再度つながる方が良い関係性を保てる場合もあります。

男性心理⑦「あなたを母親に重ねる、甘えの心理」

男性はいつまでたっても母親の存在から離れられないもの。そして男性にとっての母親とは、自分をすべて受け入れてくれる許しと優しさのシンボルでもあります。

だからこそ「友達でいよう」という中途半端な状態であっても、あなたが許してくれるだろう…と本能的に甘えている可能性もあります。

つまり、元彼はあなたとの距離を適当に置き、自分の気の向いたときにフラッと戻っても「受け入れられる」と錯覚しているのです。

でも、母親と恋人は違います。あなたはひとりの人間として、元彼からリスペクトされ、愛される必要があります。もし母親のように甘えられているのであれば、復縁には少し慎重になってみてください。

男性心理⑧「本当にいい関係でいたい!友情重視のタイプ」

「友達でいよう」という言葉が、真実である場合もあります。

それは、元彼にとって愛情より友情の方が価値が高いというパターンです。

この場合の「友達でいよう」というセリフには、「束縛や愛情の確認などに必死になって、お互い傷付けあう恋人という関係より、もっと広くお互いを思いやれる友情の方がいいのではないか」という気持ちが込められています。

それをあなたが受け入れるのであれば、もしかしたら付き合っているとき以上の信頼関係が生まれるかも知れませんし、あなたが「やっぱり私だけの彼氏でいて欲しい」と思うなら、価値観が違いすぎます。

価値観が異なる人と、一緒の人生を歩むことはできません。元彼にとっての「友情」とはどのようなものなのかを確認し、復縁を願うかどうかを決断してください。

男性心理⑨「復縁への道を残した、試練の時期」

本当に縁のある男女は、一度別れたとしてもまた再会します。それは宇宙レベルで決まっていることなので、あなたがコントロールすることは不可能です。

もしかしたら今の中途半端な状態は、未来に復縁するための試練なのかも知れません。

もしそうだとすると、たとえ友達だろうが、すっぱり切れようが、いつかまた魂は引かれ合うこととなります。しかし元彼も、それには気が付いていません。

だから、何となく「友達でいよう」という言葉を出してしまっている可能性もあるのです。

元彼の言葉に一喜一憂せず、「いつかまた関係はつながる」と信じてどっしりと構えておく方が、復縁のチャンスに巡り合いやすくなるでしょう。

男性心理⑩「魂が引き合う…もしかしたらツインソウルかも」

男性心理を超えたところに、「ツインソウルかも」という可能性が残ります。ツインソウルとは魂の双子と呼ばれるもので、同じ魂がふたつに別れて存在をしているため、お互いが強く引き合っているのです。

このツインソウルが男女だった場合は、なぜか「一度別れる」というパターンが多いとされています。しかし、しばらくの時を経て、ふたつの魂は必ずまた引かれ合います。

ツインソウルに気が付くのは、ほとんどの場合が女性であると言われています。それは、女性は月の満ち欠けで生理が来たり、子宮で子どもを育んだりと、宇宙のエネルギーに沿って生きているからです。

もし元彼とあなたがツインソウルだったとしたら、今の状態を悲しむ必要はありません。どんなに大切な人でも、365日一緒にいることはできません。それより、たとえ離れていてもより一層お互いを高め合えるのが、魂の双子の存在です。

目先のことに焦らず、元彼がツインソウルなのかどうかを探ってみてもいいかも知れませんね。

まとめ

元彼の「友達でいよう」という言葉には、様々な意味があることを分かっていただけましたか?言われたとき、あなたの心には悲しみや安心、そして不安も生まれたことと思います。

でも、言葉の裏に隠された男性心理をあなたが理解し、コントロールしてみることが復縁への足掛かりでもあるのです。

とにかく今は「友達」なのですから、そこからより良い関係性に戻れるように、元彼の本心を見極めてみてください。それができたとき、あなたも女性として大きく成長できているでしょう!

復縁が叶う前兆とは?潜在意識が教えてくれる復縁を告げる3つのサイン

今すぐにでも叶えたい、元彼との復縁。でも、そのチャンスがいつ来るかは自分では判断できません。ところが、復縁の少し前には「前兆」が現れていることが多くあります。そしてこのサインに気が付けるかどうかが、スムーズな復縁を左右するのだとしたら…ぜひ知っておきたいですよね!

今回は、あなたの潜在意識が教えてくれる復縁サインについてです。

サイン①「自分」…変化に敏感になって!復縁のサインはあなた自身にある

復縁を願うあまりに「視野が狭く」なってはいませんか? 

世の中にはあなたと元彼以外の人やモノもたくさん存在するのに、2人だけの世界を見て生きてはいませんか?

実は視野が狭くなるというのは、サインに気付くチャンスを逃してしまっていることと同じ。まずは深呼吸をして、自分に起きている復縁の前兆に気が付けるようになってみてください。

あなたがモテはじめたら、それは復縁のサイン

あなた自身の変化として一番わかりやすいのは「モテはじめる」ことです。

これは単に「フリーになったあなたを誰かが狙っている」という、現実世界の話ではありません。

あなたが元彼とお別れし、だんだん心に落ち着きを取り戻してくると、潜在意識が「ぽっかり空いた穴」を埋めようと動き始めるのです。

いくらあなた自身が「あの人と復縁したい」「もう恋なんてしたくない」などと思っていても、潜在意識は勝手に働き始めます。そのため、新しい「縁」が結ばれやすくなるのです。

また潜在意識はあなたの幸せに向かって動きます。そのため人ではなく「状態」を実現しようとします。だから元彼以外の男性も引き寄せてしまうのです。

ここで新しい恋に踏み込むのも、ひとつの選択。とは言え元彼と復縁がしたいなら、モテはじめた自分を冷静に判断して、「自分では気が付かないけれど、だいぶ心の傷が修復されてきたんだな」と理解してください。

ため息の数が減ってきたら、そろそろ何かが起きるかも

ため息の数が減るのも、立派な復縁のサインです。ため息は「幸せが逃げる」などと、ネガティブなイメージもありますが、あなたの深いところにある意識を整えるための呼吸でもあります。

心臓も、空気が入らないと止まってしまいますよね。ため息も立派な空気の循環活動です。

またネガティブな気持ちのデトックスにもなっているため、もし無意識についていたため息が減ってきているなら…そろそろあなたの潜在意識が「元気になって来たよ!」という前兆かも知れません。

家族や女友達に「私、ため息減ってきた?」と聞けるのが一番ですし、毎日の中で「あー、またため息ついてしまっていたな」と思うことが減ってきたら、そろそろ運命が開き出したというサインですよ。

潜在意識が見せる「復縁の夢」に注意してみて

夢は、私たちが一番受け取りやすい潜在意識からのメッセージです。

もし元彼と復縁をする夢を見やすくなってきたら、それはいいサイン。

私たちは見た夢のほとんどを忘れています。しかし潜在意識ではしっかり夢の力が働き、気が付かないところでいろいろな運命の調整を進めてくれています。

そして復縁の夢が「覚えているレベル」まで達したということは、その夢が現実となる時期が近くなったサインでもあるのです。

もしあなたが復縁の叶う夢をよく見るようになっていたら、それは単なる願望や欲求不満なのではなく、潜在意識が近い未来を見せてくれているのかも知れません。

サイン②「元彼」…元彼が出しているサインに気が付いて!

別れてしまって、しばらく顔を合わせていない元彼…。でも、潜在意識の中ではふたりはまだつながっています。なぜなら、一度でも「恋人」としてお付き合いをしたということは、良くも悪くも人生の中で強い縁がある存在だから。

あなたの潜在意識は、元彼のサインを敏感に受け取っています。しかしあなたの意識のアンテナが立っていないと、そのサインに気が付くことができないのです。

でももし、こんなことがあったら…復縁の叶う前兆だと思って喜んでください。

さりげない接触が増えたら、元彼の潜在意識が変化している証拠

元彼とニアミスすることが増えた!さりげなく姿を見るチャンスがあった!

それは、元彼の潜在意識が徐々に変化しているサインです。

その変化に、元彼自身も気が付いてはいません。しかしお互いの気持ちに動きが出始め、何らかの形で共鳴は始まると、お互いに意識せずとも接触が増えていくのです。

ここで注意したいのは、これはあくまで潜在意識が行っていること。決して元彼が偶然を装ってあなたに接触をしてきたわけではありません。

復縁がすぐ叶うわけではありませんが、お互いの意識の変化を感じることができる…という意味では、大きなチャンスに近づいていると思って良いでしょう。

元彼が自分以外のことに熱中…それはもしかして復縁のサインかも

元彼が、あなたと一緒のときにはしていなかった趣味やスポーツに夢中らしい!?

これってどうなんでしょう。「もしかして別れてスッキリしたと思って人生楽しんでる?」「デートの時間が無くなったから趣味に没頭できている?」いろいろな解釈ができますよね。

これをスピリチュアル的に解釈すると、元彼の心が「あなたへの執着を手放した」サインであると考えることが可能です。

元彼も、あなたと別れたあとはいろいろな感情に左右されました。悲しみ、憎しみ。さみしさや自己嫌悪。そして、ネガティブになったり気分が上がったりと、感情は不安定だったと思います。

しかしその過去への執着が少しずつ減ってきたとき。元彼の潜在意識は、広い世界へ羽ばたき始めます。そして改めて「自分の魂とピッタリくる」相手を探そうと動き始めるのです。

元彼の「何かに熱中する姿」は、魂の修復が済み、復縁の可能性を取り戻した姿とも言えるのです。

近況報告をしたくなる男性心理とは

元彼と友人関係をキープしている場合で、最近元彼から近況報告の連絡が入り始めた…それは復縁のサインでもあります。

魂の近い相手には、自分の近況(プライベート)を共有したくなるものです。ちょっとしたことでお別れをしてしまった中でも、お互いの潜在意識の調整が進み始めると、また人生の共有が始まります。

近況報告を単に「さみしいの!?」とか「復縁する気もないくせに、振り回されてる?」などとネガティブに思わず、「あの人の潜在意識は、私と人生の共有をしたがっているのかもね」と、フラットに捉えてみてください。何か新しい気付きがあるかも知れませんよ。

サイン③「シンクロニティ」…復縁が叶う前兆の一番はシンクロニティ

シンクロニティとは、心理学者のユングが提唱した「意味のある偶然の一致」のこと。たんなる偶然ではなく、その裏には私たちには気付ききれていない「大きな意味」を持っています。

たとえば虫の知らせ、のようなものも含まれます。

直接つながっているとは思えない出来事が、急に結びついたとき。「すごい!不思議!」と驚く裏には、実は大きな意味合いが隠されているのです…

道で偶然再会した…それって本当に偶然なの?

元彼と、道で偶然の再会!まさかここで会うとは思ってもいなかった!

そんなことがあったら、復縁の叶う前兆かも知れません。

その偶然に見えるシンクロニティには、ふたりの潜在意識が関係しています。決して「この時間に行くと会える確率が高い…」など思って待ち伏せていないのに会ってしまう…

地球上で、昔つながっていたふたつの魂が一度別れ、また別の場所で出会う。このことだけでスペシャルですよね。

偶然の再会があったら、自分の潜在意識が動き始めている証拠。そして再会の連鎖があったときのために、自分自身の心をもっと整えておき、いざ復縁をなった日に備えておきましょう。

潜在意識はシンクロニティが大得意

シンクロニティは潜在意識の得意分野です。あなたが元彼を想っているその瞬間、元彼もあなたを思い出している…。そんなことが実によく起きているのです。

また、気が付いたら「元彼を思い出すものをよく見る」ということはありませんか?元彼と同じバッグを持っている人に良く出会う、時計を見ると元彼の誕生日を指していることがある…

これは決してあなたの未練や思い込みがさせていることではありません。潜在意識があなたを動かし、次々に元彼に関係することを引き寄せているのです。

そんなことが連続して起こったら、素直に「ああ、ゆっくり引き寄せられているな」と思い、いつ再会しても良いように自分を高めておいてくださいね。

素直に受け入れて感謝を。潜在意識が復縁へ導いてくれる

最後に、潜在意識をもっともっと動かしてシンクロニティを発動させるコツを伝授します。それは「感謝」です。感謝の気持ちを持てるかどうかで、復縁の可能性は大きく変わります!

何に感謝するの…?と思った方は、元彼と、今の状況に感謝してみてください。出会えたこと、楽しい思い出をくれたこと、そして魂の大いなる成長のチャンス「別れ」をくれたこと。

今に感謝できないと、潜在意識はいつまでも過去に向いてしまい、未来を引き寄せることができなくなってしまいます。まずはお別れしている現状を素直に受け入れて感謝し、復縁を次のステップとして考えましょう。

そう気持ちを切り替えることができたら、復縁はするする叶いやすくなりますよ!

まとめ

復縁の前兆には、あなたの潜在意識が大きく関わっていることが分かりました。失恋した後はどうしても過去ばかり思い出してしまいますが、あなたの「心」が引き寄せたちょっとした前兆をも逃さず、復縁を叶えていってください。

サインをうまく受け取りコントロールできる女性こそが、恋をするたびに成長できるステキな女性です。復縁後はもっと幸せな恋ができると良いですね!

心理を突いたアプローチが復縁の秘訣!知っておきたい恋心とは?

あなたがどんなに元彼との復縁を願っていても、そのやり方の「考え方」のピントがずれていては、決して成功にはたどり着けません。なぜなら復縁とは、「相手の気持ちや恋心を理解し、コントロールすること」から始まるからです。

そこで今回は、元彼の恋心の真理に近づくための、外せないポイントを解説します。復縁を成功させるために、ぜひ参考にしてみてください!

元彼の「気持ち」が分かれば復縁はうまくいく

どんなに愛し合った期間が長くても、あなたと元彼は別の人間。だからあなたには元彼の気持ちをすべて理解することなどできません。しかし失恋直後は相手の気持ちを勝手に推測して、あーだこーだと理由を付けてしまいますよね。

でも、いったん冷静になって「相手の恋心」を紐といていくことで、驚くほど元彼のことを理解できるようになっていきます。そしてそのプロセスは、幸せな復縁のためには必要不可欠なのです。

あなたのその行動、自己満足になっていない?

まず、あなたの心のブロックを外します。

「元彼はまだ私のことが忘れられていないはず」

「私が怒りっぽい部分さえ直せば、あの人は戻ってきてくれるはず」

もしあなたが毎日そんなことを考えて自分の生活や行動を制限し、そのことに自己満足を覚えているなら…要注意。なぜならそのことは、元彼から直接告げられたことではないからです!

「〇月までに怒りっぽい性格を直せたら、やり直そう」と元彼と明確に決められてはいないのに、あなたは「振られた」「どうして」「私の怒りっぽい部分が嫌と言っていた」「これさえ直せば」と、勝手なストーリーを作り上げてはいませんか?

もしかしたら元彼の恋心が消えたポイントは、全然違う部分なのかも知れないのに…。

だからまずは、あなたの中の理屈や言い訳・想像をゼロにします。思い込みが強ければ強いほど、復縁からは遠ざかってしまうからです。

ささいな言動が、復縁の成功を左右する!?

次に気を付けたいのは、ネガティブな言動を取らないことです。たとえば女友達に失恋の悩みを打ち明け、勢いで元彼の悪口を言ってしまったら…。女友達の心には「最低な男と付き合っていた子」というインパクトが残ります。

そして、そのようなネガティブな言動はあなたの運気を大きく下げます。いつの間にかあなたには「男運が無い」「いつまでも未練を引きずっている」というイメージが定着してしまうのです。

そのような黒いオーラは予想以上に周りを巻き込み、もし元彼と偶然に再会したとしても、決してあなたを魅力的な女性には見せてはくれません。

ネガティブな言動は、自分の部屋で済ませましょう。あなたのマイナスな気持ちを社会に持ち出すことで、復縁は一気に遠ざかります。また匿名だからと、SNSやネットで毒を吐くのもおすすめしません。

復縁を叶えるなら真理を突いたアプローチ!その使い方とは

自分の準備ができたら、いよいよ復縁に向けたアプローチを始めていきましょう。元彼とは今は離れてしまっていても、一度は縁があった仲。その縁を復活させるには、消えかけている相手の恋心をもう一度燃やしてあげる必要があります。

元彼が「別れよう」「離れてもいい」と思ったポイントはいったいどこ?

あの人にとって、恋とはどういうもの?

これを探ってうまく使うだけで、復縁は叶いやすくなりますよ。

別れた彼を操れる!?潜在意識の重要性

まず、人はみな潜在意識に操られているということを知ってください。潜在意識とは、一般的には「無意識」とも呼ばれる、人の心をコントロールしている意識のことです。

そして、恋心ももちろん潜在意識に操られています。

たとえば元彼が

「あいつと別れてスッキリした」と口では言っていても、潜在意識で「別れたくなかった、運命の相手だった」と思っていれば、そちらが彼の本心です。

逆に「別れたくなかった」と言っていても、潜在意識で「本当は嫌気がさしていた。もう二度と一緒にいることはないかな」思っているなら、たとえ表面的に復縁したとしても、心の奥から繋がりを持つことは不可能でしょう。

だから元彼の恋心を操るには、SNSやリアルの言葉に踊らされず、元彼の潜在意識にあなたをすり込んでしまうことが重要なのです。

未練があるなら一回離れる。追わせるための心理テクニック

そんなこと難しい!と思うかも知れませんが、実は簡単です。

元彼から、一回完全に離れてしまうのです。スマホから元彼のデータをすべて消し、絶対にあなたから連絡を取らないようにしましょう。

あなたに雑念を起こさせる写真や思い出の品も、捨てるか見えないところに片づけてください。そうすることで、まずあなたが元彼から解放されます。思い出しては泣き、未来に希望を持てずにいた毎日から抜け出してください。

そうすることで、あなたの潜在意識と元彼の潜在意識がつながり始めます。

モノや、言葉などの「見えるもの」に振り回されていては、真理にはたどり着けないのです。

思い出の品など無くても、あなたと元彼の間にしっかりとした絆があれば、復縁は叶います。

またあなたからの連絡を絶つことで、元彼の「追いたい」気持ちに火をつけることもできます。「もしかして別れたのは惜しかったかな」と思わせ、彼の潜在意識にあなたをインプットすることができたら、復縁は成功に近づきます。

言霊の力を使って、元彼の恋心をくすぐろう

彼の潜在意識にあなたを組み込んでしまうには、もうワンステップが必要です。それは、ポジティブな言葉を元彼に届けるということ!

人は誰しも、聞いた言葉をイメージします。たとえば「広い森で迷子になった」と聞くと怖い、暗いというイメージを持ちますし、「唐辛子のたっぷり入ったチゲ鍋」と聞くと赤くて辛そう!というイメージを持ちます。

だから、あなたのことを聞いて「一緒にいて幸せ」「失いたくない」などのイメージを持たせてしまえば、復縁へのステップはどんどん進みます。

これには「言霊」を使います。心の中だけではなく、実際に外に出る「言葉」には強い力があります。

まず、あなたが日常でポジティブな言葉を使うこと。これは間接的ではありますが、復縁には大きな効果を発揮します!

もうひとつは、人づてにあなたの「いいところ」が言葉として彼に伝わるようにすること。共通の友人に協力してもらえるのがベストです。とにかく「別れたのは失敗だったかな」と思わせることが必要です。

元彼タイプ別、もう一度取り戻したい恋心

それでは、最後に元彼のタイプ別の「真理を突いたアプローチ方法」をご紹介します。

ひとくちに男性と言っても、そのタイプは様々です。だからこそ、なるべく成功に近いやり方で復縁を叶えたいですよね。

元彼はどんなタイプでしたか?

もしかしたら、復縁したいという潜在意識があるのに、自分でもそれに気が付けていない可能性もあります。だからこそ、あなたが適切な形でアプローチをしてあげることが復縁への近道になるのです。

草食系の彼に効果的なアプローチ

草食系であまり恋愛に積極的ではなかった彼。別れてしまった今、あなたへの熱い思いをぶつけるだけではまた逃げてしまうかも知れません。

 

ガツガツしていない男性は、とにかく自分のことを優先しがちです。女性を追ったりちやほやするより、趣味や自分の生活に時間を割きたいと思っています。

だからこそ元彼の「日常生活」であなたを思い出させるのが一番。特別な時間ではなく、ふとしたときに「ああ、一緒にいた時間って実は特別だったんだな」と感じさせることができたらベストです。

そんな元彼とは、いったん友人として付き合うようにしてみましょう。「まだ好き!」「よりを戻そう!」と追わず、彼の日常の中に溶け込んで、自然なかたちでの復縁を狙うのがおすすめです。

俺様タイプの彼の恋心をくすぐるアプローチ

俺様タイプの彼は、自信たっぷりに見えていて、実は甘えたがりです。「俺が俺が」と自分の欲求を満たしたがるということは、自分を認めて欲しい「承認欲求が強いタイプ」でもあるからです。

そして、そこに「素直ではない」という性質が加わることが多いので、どうしても「彼女を振り回す、わがままな男性」が生まれてしまうのですね。

元彼がこのタイプだったら、元彼の言葉は信じないようにしましょう。俺様タイプは自分の本心をなかなか言いません。もしあなたが「やり直そう」と言ったとしても、本心は嬉しくても素直にOKを出さない可能性もあります。だから、心理面では女性がリードする方が上手くいくでしょう。

年上の彼は、こんなセリフに弱い!?

年上の彼は、別れた理由に関わらず「自分より若い子を、幸せにしてやれなかった」という事実を潜在意識の奥に持っています。

これは男性としての自信を失わせる要因でもあります。

復縁のアプローチをするときは、「あなたと一緒にいたときは幸せだった」「あなたに幸せにして欲しい」という、過去と未来の肯定から入ってみてください。

それだけで年上の元彼は自信を取り戻し、「ひとりの男として、女性を幸せにしたい」という欲がムクムクを湧いてきます。その潜在意識をくすぐることができたら、復縁は叶いやすくなりますよ!

まとめ

復縁はひとりよがりでは成功しません。元彼の恋心をうまくコントロールし、あなたへの恋心を復活させることが大切です。だからこそ、心理的なテクニックは必要不可欠。潜在意識の重要性とその使い方を学んでおけば、復縁したあともふたりの関係を上手に操縦することができるでしょう。

恋をうまく進めることのできる女性になれば、これから起きる人生のいろいろなピンチも乗り切って行けますよ!

元カレから復縁したいと言ってきたときの男性心理10選

別れたはずの元カレから、「復縁したい」という連絡。うれしいという気持ちと同時に「なんで?」「どうして?」という疑問も浮かびますよね。

元カレが「復縁したい」という言葉の裏には、いったいどのような気持ちがあるのでしょうか。どういうつもり?と本人に聞く前に、復縁したいというときの男性心理を知っておきましょう。それを踏まえたうえで元カレの気持ちを確かめ、OKするにしても断るにしても後悔のないようにしたいですね。

1.未練たっぷり。楽しかった日々をどうしても忘れることができない

ああ、彼女と出かけたとき楽しかったなあと、2人で過ごした日々を忘れられない心理から、やっぱり復縁したいと連絡してくることがあります。

別れたあとは誰もが落ち込んだり、泣いたりしますが、ある程度になると女性はさっぱりして気持ちを入れ替えるのも早めです。その点男性は、実は前の恋愛を引きずりやすく、未練が残りがち。

スマートフォンの写真フォルダに入ったツーショットや、思い出の写真が捨てられずいつまでも眺めていたり、彼女からのプレゼントが捨てられなかったりするのは男性のほうが多いようです。

2人で過ごしたときに流行った曲を聴いただけで、「もう一度会いたい!」と衝動的に連絡をしてしまうこともあります。

ただ、復縁してまた楽しい日々を過ごせればいいのですが、別れた原因が彼のだらしなさや女性関係なら思いとどまったほうが賢明です。友達として、複数でたまに遊びに行くくらいにしておきましょう。

2.新しい彼女もできないし、やっぱり慣れ親しんだ女がいいよね!

あなたと別れたら、新しい出会いがあって新しい彼女ができて、と妄想していたのにその気配は全くなし。合コンに出かけてもうまくいかないし、このままだと彼女いない歴〇年、となっていきそうとなったときに思い出すのが元カノ、という自分勝手な心理です。

そして、今さら新しい彼女を作って、自分のことを一から理解してもらうのは面倒くさい、それなら慣れ親しんだ元カノが「都合がいい」となり、やり直さない?と連絡してくるパターンです。

これは、彼にとって都合のいい女にされてしまいます。復縁しても、彼のことを理解してくれそうな新しい女の子と知り合ったら「ごめんやっぱり別れよう」などといいかねないタイプです。さっさと見切りをつけたほうがよさそうですね。

3.別れて1人で過ごす時間がたまらない。元カノでさびしさを埋めたい

2とパターンが似ていますが、新しい彼女を作るつもりはないけれどさびしがってしまう彼です。

仕事から帰って、1人でインターネットをぼんやりみて、適当なごはんを食べて、ビール飲んでという毎日がさびしくて辛くなったときに思い出すのが元カノ。

元カノにさびしい時間を埋めてもらいたくて、連絡をとってしまいます。自分ではそんなつもりはなく、復縁しよう、やり直そうといいますが本当はさびしいという心理。こういったお付き合いは、なんとなくだらだらと続いてしまう危険があります。

しかも彼が何かのきっかけでさびしさを埋めるほかの物、あるいは人を見つけたら、とたんに復縁したあなたが色褪せて見えてしまい、一方的に別れようといいだしかねません。

さびしがり屋の元カレには要注意です。

4.本当にゴメン!一時の感情で、別れてしまったことを後悔している

ちょっとしたけんか、行き違いで衝動的に別れようと言ってきた彼。それなのに、あれは一時の感情で別れてしまっただけ、いまは後悔している、もう一度付き合ってほしいといってくる心理はおそらく本物でしょう

冷静になって、本当に一時の感情だったと気づき悔やんでいる彼。もしあなたも別れたことを後悔していて、2人でやり直したいと思ったら受け入れてもいいでしょう。

しかし彼が一時の感情で別れたい、といったのなら今後も一時の感情で何か決めてしまうかもしれない、ということを肝に銘じておきましょう。

よく考えずに衝動的に、感情のおもむくまま物事を決める癖がある人である可能性が高いです。ランチのメニューを決めるのに衝動的、というのはありですが、人生の大切なことや、2人に関わる大切なことを衝動的に決められてはたまったものではありませんよね。

5.きれいになったあなたを見て、また付き合いたくなってしまった

彼と別れたあと、いい女になるべく自分磨きをしていたあなた。そんなあなたを見かけて、元カレはびっくり。

こんなきれいになったなら、やっぱりまた付き合いたい、という男性心理です。きれいになった元カノを連れて歩きたいと思うのはもちろん、もしかしたらこれは自分と復縁したくてきれいになったのかもしれない、とまで思っているかもしれません。

別れたあと、元カレと復縁したくて自分磨きをしていたのなら、もう一度付き合うのもいいでしょう。

元カレがきれいになったことだけではなく、内面が磨かれたことにも感銘を受けて、復縁したいというならうれしいですよね。

しかし、単に見た目がきれいになったことに反応しているときは、外見を気にするタイプであることがわかります。

こういったタイプは、あなたが少し太ってしまったなど外見の変化があったとき、そのまま受け入れてくれるかどうかがカギになります。

6.実は、他の女性に振られてしまった。元カノならまた付き合ってくれるかも?

あなたと別れて、他の女性と付き合っていた元カレ。あなたと付き合っていて新しく好きな女性ができた場合や、別れてから新たに付き合った場合もありますが、いずれにしても結局は元カレは振られてしまったのです。

そこで、また元カノであるあなたと復縁したい、というちょっと図々しい心理ですが、他の女性と付き合ったことで改めてあなたの良さに気付いた、という好意的な見方もできます。

あなたがまだ元カレに気持ちがあるのなら、受け入れてももちろんOKですが、付き合っている間にほかの女性を好きになった彼は、再び同じことをする可能性があります。

彼にまた他に好きな人ができるのではないか、と心配しながら付き合うことになるかもしれません。それに耐えられなさそうなら、無理して復縁はしないほうがよさそうです。

7.仕事が忙しかったけれど、やっと落ち着いたよ、また付き合ってくれるよね?

新しいプロジェクトが始まった、転職したばかりだ、など仕事が忙しすぎて会う時間も作れなくなった彼。それにあなたは耐えられず別れてしまいましたが、彼は仕事もめどがついて、気持ちに余裕がでてきたので、復縁しないかと言ってきました。

男性は恋愛よりも、仕事に夢中になってしまうことがあります。仕事に熱中しているときはLINEも未読、既読になっても返事がないというのも男性に多い傾向にあります。

それは悪気のない男性心理で、嫌いになったからということではなく本当に仕事が忙しいから連絡が取れないということなのですが、それが許せない女性も多くいます。

再び仕事が忙しくなったら彼は仕事を優先するかもしれないけれど、今度はそれを責めたり、気にしたりせず自分の時間を過ごせる自信があるのなら復縁してもいいですね。

8.前よりも成長し、大きくなった自分を認めてもらいたい!

自分自身が未熟で、あなたを支える自信がない、あなたに頼ってばかりで情けないという理由で別れを告げる男性もいます。または、未熟で幼いところのある元カレに、あなたの不満がたまってしまい、別れを切り出す場合もあります。

そんな彼が自分を変える努力をして、自分の成長を実感したとき、再び元カノに会いたいと思うのです。

成長した自分、自信が持てるようになった自分を認めてもらい、そして復縁したいという心理です。

元カレへの思いがまだ残っていて、「頑張った彼を認めたい」という気持ちがあれば復縁して彼の成長を一緒に実感しましょう。

完璧な人などこの世にいないので、お互いに未熟な部分があるのは当然です。それを認め合える関係になるといいですね。

9.あなたをほかの男性にとられたくない!嫉妬心がメラメラ

別れたものの、あなたの動向が気になる彼。近くに新たな男性が登場しそう、あなたを狙っている男性がいるらしい、と聞いただけで突然惜しくなってしまう心理は、独占欲。別れたけれど、あなたのことをまだ自分のもののように思っている可能性があります。

他の男と付き合うくらいなら、復縁して自分のものにしたい、という所有欲があります。特に、あなたがきれいになったとか、モテモテになっているなど聞いたときはいてもたってもいられないような嫉妬心が燃えているかもしれません。

そんな元カレからの復縁話、おそらくはOKする気にはなれないと思います。それでも彼がまだ好きというなら別ですが、新しい恋に気持ちを向けるほうがきっと幸せになれますよ。

10.別れてから本当の気持ちに気付いた、あなたが必要なんだと

別れたあと、他の女の子と遊んだり、男友達と遊んだりまたは1人で時間を過ごしていくうちに、自分に必要な人は誰だったか気づくことがあります。

失ってみて、初めてあなたが自分必要だと気づいた元カレの心理。あなたが元カレのことがまだ好きで彼が復縁しようと言ってきたら、その態度や真剣さをしっかり見極めましょう。

単に寂しいから、元カノのあなたなら気軽に付き合えそうだから、という軽いものではなくあなたが自分には必要で、本当に心から復縁したい、やりなおしたいということが伝わってきたのなら復縁してもいいのではないでしょうか。

お互いに必要と感じたのなら、2人でやりなおしていくことで前よりもずっと深い絆で結ばれていくでしょう。

まとめ

元カレから復縁しよう、と言ってくるときの男性心理はさまざま。「1人でいるのが寂しくて」「新しい彼女に振られたから」「ほかの男にとられたくない」など自分に都合のいい身勝手なものもあれば、別れて初めてあなたが必要だと気づくという真剣なものもあります。

復縁を受け入れるかどうかは、彼の心理をしっかり見極めて返事をしましょう。

「早く返事ちょうだい」「早く会おう」などとやたらと急かしてくるのは、ちょっと身勝手な心理が働いている可能性があります。「返事は急がないから」とあなたにじっくり考える時間をくれる元カレは、おそらく誠実だと思われます。

何より元カレとまた一緒にいたいか、という自分の気持ちを大切にしてくださいね。

 

破局後の男性心理とは?復縁するために知っておきたい男のプライド

男性の精神はプライドでできていると言っても過言ではありません。ですからそのプライドを傷つけるようなことをしてしまうと、男性はあなたから逃げて行ってしまうでしょう。

恋愛や復縁に関しても、これは同じことが言えます。特に破局後の男性の心中は穏やかではありません。たとえ男性側が振った側だとしてもです。それを理解して対応することができなければ、男性のプライドを傷つけかねません。

そこで今回は破局後の男性心理を理解し、お相手のプライドを傷つけないようにうまく復縁までたどり着くために必要や知識やその方法についてご説明していきます。

破局後の男性心理を理解することで復縁が叶う!

冒頭のとおり、たとえ男性が振った側だとしても破局後の男性は精神的に荒れた状態にあります。それがどんなタイプの破局だったとしても、完璧に心中穏やかだという人はいないでしょう。

ですから、この破局後の男性心理をきちんと理解できることは、復縁をぐっと叶いやすいものにしてくれます。男性心理が理解できていれば、復縁をさまたげるような行動をすることがなくなるからです。

あなたが復縁できないことで悩んでいるとすれば、それはあなたが「復縁できないかもしれない」と強く思ってしまう不安と、お相手の気持ちを理解できないという2つの要素が関係しているでしょう。もしも心当たりがあるという人は、ここで破局後の男性心理を知り、ぐっと復縁を近づけましょう。

破局後の男性心理とは?男のプライドを理解して復縁を引き寄せよう

破局後の男性の心は荒れているというのは、前述のとおりです。では、具体的に破局後の男性はどのような心理状態にあるのでしょうか。

破局後の男性心理には、いくつかのパターンがあり、そのどれもが男性特有のプライドに関係しています。男性はそのプライドを傷つけられたり、否定されたと感じたりすると殻に閉じこもる性質があります。

そのため復縁をするならその男性心理について知り、プライドを傷つけてしまわないように慎重になる必要があるのです。

男性は自分の「別れる」という選択は正しかったと思いたいもの

復縁のために知っておきたい男性心理で、女性が見逃しがちなことに、「男性は自分の選択を正しいと思いたい」ということがあります。このことを知らずに、まるで「別れは間違いだった」「別れない方があなたも幸せだった」というような切り口で復縁を切り出してしまう女性は多いものです。

しかし特に自分で別れを決めたという男性は、そうした女性の行動を嫌います。なぜなら「自分の決断が間違っていた」と言われているように感じるからです。男性は「別れる」という選択は正しかったのだと思いたいものですし、そう思うことで自分のプライドを保つことができます。

そもそも復縁を迫るという行動は、「復縁できないかもしれない」という焦りからくるものですよね。そのあなたの焦りや不安は、あなたがそれに振り回されて行動しているうちは、あなたの潜在意識にもしっかり刻まれています。

そして潜在意識同士は繋がっているので、その「復縁できないかもしれない」という信念は相手にも伝わり、結果相手に「復縁したくない」と思わせてしまうのです。

別れを決めた男性との復縁を願うなら、顕在意識下であれこれ行動することはせず、「この別れがあったからこそ、もう一度あなたの良さを再認識できた」という風に思ってもらえるような復縁を目指せばいいのです。

自分から復縁しようなんてカッコ悪くて言えない男性も…

実は復縁したいと思っていても今更カッコ悪くて言えないと思っているというパターンも、男性にはありがちなパターンです。

自分から振ったにしても、振られたにしても、自分から復縁を切り出すのはプライドが許さないと思っている男性は少なくありません。また、復縁を切り出して万が一断られるのが怖くて言えないという人もいるでしょう。

そんな男性相手だと復縁できないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありませんから安心してください。「カッコ悪くて言えない」「断られるのが怖い」という気持ちよりも、「あなたを逃したくない」という気持ちの方が勝れば、どんな男性だって復縁を切り出してくるでしょう。

このパターンの男性の場合、「逃したくない」と思ってもらうというのがポイントになります。

男性の多くは、別れた元カノに未練を感じている

よほどひどい別れ方をしたわけではなければ、男性の多くは別れた元カノに少なからず未練を感じています。その未練の大きさは、別れたときの状況や新しい彼女がいるかどうかにもよりますが、破局後の男性は元カノに対して未練があるものだということを覚えておきましょう。

ふとした瞬間に元カノのことを思い出したり、元カノが別の男性と歩いているのを見かけたら不快な気持ちになったりという男性は少なくありません。

女性の場合は新しい彼氏ができてしまえば、元彼のことは割とどうでもよくなるものですが、男性は違うのです。たとえ長い期間が経っていたとしても、ある程度の未練は残ったままです。むしろ時間が経ったからこそ、思い出がある意味美化されて未練が強くなることも。

元彼との復縁を願う場合、あまり別れてからの期間が関係ないのは、男性は未練を残しやすいという特性があるからなのです。

復縁を求めれば求めるほど意固地になる男性心理

復縁を願う女性は、ついつい焦ってしまって「復縁したい」「まだ好きだ」ということを元彼に過剰に表現してしまいがちです。潜在意識的な意味でも、この行動は復縁を遠ざけているだけなのですが、顕在意識の範囲でも、そんな行動は男性の「復縁はしない」という気持ちを強固にしてしまいます。

それは男性は基本的に追いかけたい生き物であって、追われると逃げたくなるからです。また、先述の「別れは正しかった」と思いたいということにも関係しています。

そうした男性心理があるため、復縁を願うなら不安が原動力となった行動は控えた方がいいのです。潜在意識の中で復縁するということを決定してしまえば、あまりこうした不安は感じなくなり、復縁を求めるような行動もしようとは思わなくなるでしょう。

男のプライドを尊重して復縁を叶える方法とは?

ここまでご説明してきた破局後の男性心理、そしてそこに関わっているプライドを尊重することは、復縁を叶えるために必要不可欠と言えます。

そうしなければ男性は復縁したい気持ちにはなりませんし、何よりそんな男性特有の心理・プライドを受け止められるかどうかが、彼を丸ごと受け入れられるかどうかに関わっています。

それではそんな男性心理を尊重し、復縁を叶えるためにはどうすれば良いのでしょうか。その具体的な方法を潜在意識的な考え方を含めてご説明します。

復縁を自分からほのめかさず心の中にしまいこむことが大事

まず大事なのは、別れを決めた男性相手に復縁をほのめかすようなことを言わないことです。それは「別れ」という一大決心をした男性の決断を、全否定することになるからです。ですから、たとえ復縁を願っていたとしてもそれはあなたの心の中だけにしまい、表に出すことはやめておきましょう。

あなたが元彼に復縁について話したくなったりするとき、そのほとんどが不安から来る行動です。潜在意識・引き寄せの法則を使って復縁を叶える場合、あなたがあれこれ積極的な行動をしなくても、勝手に状況が変わっていき、復縁せざるを得ない状況になります。

ですから、あなたはどんなに復縁したいと願っていたとしても、相手に働きかける必要はありません。ただ心の中だけでそっと復縁を願い、元彼の気持ちが落ち着くのを待ちましょう。

復縁はできるものだと大きく構えて一瞬一瞬を楽しもう

上記とかぶる部分もありますが、破局後の男性の心理状態やプライドを刺激しないようにするには、復縁については何もしないというのが一番の方法です。

ですが何もしないでいること自体に不安を感じてしまったり、何かしたいと思ったりする人もいるでしょう。そんな人は、「復縁はできるもの」と決断し、あとは自分の生活を楽しむようにしてください。

あなたが自分のことに集中して一瞬一瞬を楽しみ、復縁については心の奥底にしまっておけば、どんなに頑固な男性でも必ず徐々に心を開いてくれます。たとえそれが目に見えなかったとしても、あなたが復縁はするものだと決めていれば、水面下で事は動いているのです。

たとえ彼の態度がまったく変わらなかったとしても、水面下では徐々に変化しているのであなたは何もする必要はありません。何かすると却って彼のプライドを刺激してしまいますから、何もせずただ気分良く毎日を過ごすようにしましょう。

やってみるとわかりますが、気分良く過ごしていれば勝手に気分がよくなることがどんどん起こります。

どんな状況でもチャンスは突然来るもの!チャンスを見逃さないこと

さて、そんな風に復縁については潜在意識や引き寄せの法則にまかせていると、やがてチャンスがやってきます。どんな形かはわかりませんが、ある日突然復縁のチャンスがやってくるのです。

そんなチャンスが現れたとき、人によっては急に怖くなってうまくチャンスを受け取れなかったりします。そんなチャンスが巡ってきた時には、殻に閉じこもっていた元彼も、あなたに心を開いている状態になっているのですが、ここでうまくチャンスを掴めない人もいるものです。

そんなチャンスが巡ってきたら、見逃さずにしっかりと受け取りましょう。突然すぎてびっくりしてしまうかもしれませんが、落ち着いてそのチャンスを受け取れば、男性のプライドを刺激したりすることなく平和で幸せな復縁が叶うでしょう。

まとめ

ここでご説明したとおり、恋愛に関しても男性心理とはとても面倒で難しいものです。男性はプライドが大事なので、そのプライドを刺激しないということがポイントになってくるでしょう。

そんな面倒な男性心理も、潜在意識にすべてをお任せしていれば、復縁のさまたげにもなりませんし面倒にも感じなくなります。あれこれ策を練らなくてもよくなるので、あなたにとっても楽になるのではないでしょうか。

結局のところ、破局後に男性がどう思っていたとしても、どんな態度をあなたにとっていたとしても、復縁できるかどうかにはまったく関係がありません。ただ安心して、復縁できるその日を待ちながら、毎日を頼んで過ごすようにしてください。

振った側が後悔する心理とは?後悔しやすい人の特徴5選

自分から別れを決めて恋人を振った人の中には、振ったことを後悔している人もいます。ですが自分から振った手前、もう一度付き合ってほしいなんて言えない人は多いものです。

あなたが復縁したいお相手が振ったことを後悔しているなら、すぐにでも復縁したいところですよね。そのためには、後悔する人の特徴を知れば復縁が叶いやすくなるでしょう。

そこで今回は、振った側が後悔するときの心理や特徴をご紹介していきます。

自分から振ったのに後悔することがあるって本当?

冒頭でふれたとおり、自分から別れを決めたのに振ったあとで後悔するという人はいます。振られた側からすると、にわかには信じがたいかもしれませんが、それはあまり珍しいことでもありません。

もちろん振った側がいつも後悔しているというわけではありません。しかし振ったことを後悔しやすい人というのは存在しています。

もしもお相手があなたを振ったことを後悔しているのなら、復縁することは難しいことではありません。お相手も復縁したいと思っているでしょう。

しかし、ここで難しいのは、お相手が振ったことを後悔しているかどうかがわからないということですよね。100%それを見極めるのは難しいのですが、可能性が高いかどうかを知る方法はあります。

振ったことを後悔しやすい人の特徴とは?タイプ別にご紹介

振ったことを後悔しやすい人の特徴がわかれば、お相手が振ったことを後悔しているかどうかを考えることができるでしょう。そこで、振ったことを後悔しやすい人の特徴について、ご説明していきます。

あなたが復縁を願っているお相手が、このどれかにあてはまるのではないか、しっかり考えてみましょう。もしも振ったことを後悔していそうな様子なら、復縁はすぐ目前に控えているかもしれません。それが自信になって、より二人が復縁することを信じられるようになるでしょう。

短気ですぐ怒る人は振ったことを後悔しやすい

振ったことを後悔しやすい人の特徴には、「短気ですぐ怒る」ということが考えられるでしょう。短気ですぐ怒る人は、ちょっとしたことで相手に不満や怒りを感じ、発作的に「別れたい」「別れた方がいい」と思いがちです。

その怒りの衝動に任せて別れてしまった場合、冷静になったときにその別れを後悔してしまいやすいのです。

また、短気な人との喧嘩はとてもダイナミックなものになりやすいですから、喧嘩がヒートアップしてしまって、思ってもないこと、つまり「別れ」を切り出してしまったということもあるでしょう。

短気ですぐ怒る人に振られた時に、喧嘩をしていたり、相手が一方的に怒っていたりしたということなら、お相手は振ったことを後悔している可能性が高いと言えます。

自分の恋人とそれ以外の異性を比べがちな人は、一次的な気持ちで振ってしまうことも

自分の恋人とそれ以外の異性を比べて、自分の恋人にないものを探してしまうという人も中にはいます。

こういうタイプの人は、本当に今の恋人が自分にふさわしいかなどと思い悩みやすくもあり、気持ちが不安定になったり、自分の気持ちに自信がもてなくなったりすると恋人を振ってしまうことがあります。

こういう人は、別れたあとも元恋人とその他の異性を比べたりしてしまいます。そうして、やっぱり元恋人がよかったと思ったりすることもあるのです。そして元恋人を振ってしまったことを後悔します。

こうした優柔不断なタイプの人とは比較的復縁もしやすいのですが、復縁後にもう色々と迷わないでいてくれるように、そういったところまで詳細にイメージして、潜在意識に刷り込むことが重要になります。

未練を持ちやすい人は振ったことを後悔してしまう

特に男性には、自分が付き合っていた彼女たちに未練を持ちやすい人が多く、自分が振ったにも関わらず未練を残して元恋人のことを思い出したりする人がいます。

普段からいろんなことを後悔しがちなタイプの人は、未練を残しやすく、振ったことを後悔することが多いと言えます。何か理由があって振ってしまったものの、勿体無かった、やっぱり振るんじゃなかった、一人はさみしい、やっぱり好き、ほかの人には渡したくない・・・など、その思いのパターンは様々ですが、とにかく振ったことを後悔しやすいのです。

あなたが復縁を願っているお相手が、普段からいろんなことを後悔していた様子なら、あなたにも未練を残して振ったことを後悔しているかもしれません。

脅しのように「別れ」を告げるタイプもいる

とても残念なことですが、相手を自分の思い通りにしようと思って、「別れる」ということを脅しのように使う人もいます。「〇〇してくれないなら別れる」「〇〇してくれなかったから別れる」というような感じです。

このタイプは実は本気で別れるつもりはなく、またどうせ相手は自分の元に戻ってくると思っています。そのため、気軽に別れを脅しのように使うのです。

ただ、脅しのつもりで一時的に別れたのに、本気に取られてしまって本当に別れてしまったというパターンになることもあるでしょう。このパターンになると、このタイプの人は途端に別れを口にしたことを後悔しはじめます。

あなたの元恋人が、常日頃から「別れ」を口にしていなかったか、よく考えてみましょう。あなたが思い通りにならなかったときに別れを切り出していたのなら、このタイプである可能性が高いでしょう。

気分屋だと気分で振ってあとからひどい後悔をする

世の中にはその時の気分で恋人を振ってしまう人もいます。特にとても気分屋な人だと、そうした行動に出やすいと考えられます。特に理由があるわけでもなく、なんとなくその時に別れたい気分だったというだけなのです。

気分屋の人なら、その別れたい気分も長くは続きません。次の瞬間にはやっぱり別れたくなかったという気分になることもあるでしょう。誰にでもそういう波はありますが、特に気分屋が激しい人だと、別れるというような極端な行動までとってしまうのです。

気分屋のために恋人を振ったという人は、あとからとても後悔します。しかし振った理由が振った理由なので、自分でも説明することができず、ずっと復縁を切り出せないでいるのです。

振ったことを後悔していても復縁を持ち出せない男の心理

ここまでご説明したとおり、振ったことを後悔しやすい人というのは思いの外いるのです。特に男性には、この特徴にあてはまる人が多く、振ったことを後悔している人も多いでしょう。

そして男性が女性と最も違う点は、振ったことを後悔したとしても自分から相手に復縁を切り出したり、振ったことを謝ったりすることがとても難しいということです。女性なら、結構簡単に復縁を切り出せたりするのですが、男性は振ってしまったのにまた戻りたいなんて、カッコ悪いと感じてなかなか言い出せないことも多いでしょう

自分のことを振った元彼が、おそらく振ったことを後悔していると感じたとしても、なかなか復縁を切り出してこないのは、この男性心理があるからなのです。そういった男性心理のために復縁を切り出せないタイプとの復縁には、潜在意識を活用することをおすすめします。

こうしたタイプは、正面から復縁を切り出してもなぜかなかなか受け入れなかったりします。ですからあまり行動するよりは、すべてを潜在意識におまかせして、復縁する日がやってくるのを待っているのがいいのです。

振ったことを後悔している人との復縁は簡単

振ったことを後悔している人との復縁は、とても簡単です。本心では相手も復縁を望んでいるからです。ですがそこにお別れした時の状況や男性心理などが絡むと、なぜだか複雑なことになってしまいます。

しかし潜在意識を使って復縁を引き寄せれば、そうした複雑な問題もなぜか勝手に解決されてしまいます。ですから、色々と行動するよりは、ただ「復縁する」ということだけ決めておいて、あとは潜在意識に全てをおまかせしましょう。そうすれば、潜在意識が最善の道をあなたに与えてくれます。

振ったことを後悔している場合、本心ではお相手も復縁したいと思っていますから、すべてを潜在意識に任せていれば、意外と早く復縁できてしまうでしょう。

まとめ

振ったことを後悔する人には、ここでご説明したような特徴があります。その特徴とあなたの元恋人を見比べて、まずはお相手が振ったことを後悔しているのかどうかを考えてみましょう。

もしも後悔していそうなら、復縁はすぐそこに控えています。ですから、あれこれ復縁に関して行動するよりも、ただ潜在意識に任せてどんと構えているのが、復縁するための近道になるでしょう。

間違っても、お相手に「振ったことを後悔しているのではないか」などとの確認をして、お相手を刺激するようなことをしないようしてください。

「お相手が後悔しているなら、復縁はすぐできる」

それさえわかっていれば、あなたができることはただその日を待つだけなのです。